横浜赤レンガ倉庫に和モダンな庭園が登場、約2万株の草花で伝統柄“文様”を表現

横浜赤レンガ倉庫に和モダンな庭園が登場、約2万株の草花で伝統柄“文様”を表現

横浜赤レンガ倉庫に和モダンな庭園が登場、約2万株の草花で伝統柄“文様”を表現の画像

横浜赤レンガ倉庫では、4月3日から4月26日までの計24日間、“和モダン”をテーマに、約2万株の草花で春の訪れを感じられる庭園「七つの文様を奏でる庭 〜FLOWER GARDEN 2020〜」を開催する。


横浜赤レンガ倉庫が2007年4月にリニューアルオープン5周年を迎えた記念に開催したのが始まり。色とりどりの草花が海を望む広場に咲き誇る光景が好評となり、その後も毎年テーマを変えて実施している。今年で開催14回目を迎え、横浜市が同時期に開催している「ガーデンネックレス横浜 2020」とも連携し、春の風物詩として花と緑あふれる横浜を一層盛り上げる。

今年は“和モダン”をテーマに、日本の伝統的柄「文様」をイメージしたエリアが7つ登場。幸福・繁栄の「立涌」、再生の「鱗」、平和な暮らしの「青海波」、円満・調和・縁の「七宝」、長寿の「亀甲」、繁栄の「市松」、子どもの健康の「菱」と、文様はそれぞれに意味をもっており、縁起担ぎや幸せへの願いを込めて古くから使われてきた。


会場では枝垂れ桃や竹などの“和”の草木だけでなく、洋花を使用して文様を表現する。鱗文様があしらわれた提灯が並んだ門をくぐると、左右に色とりどりの亀甲の形をした花壇が現れ、両脇の竹アートがモダンな雰囲気を演出。奥に進むと、なかなか目にすることができない「枝垂れ桃」がイベントのシンボルツリーとして鎮座し、青いネモフィラで川をイメージしたエリアや、カザグルマが一面に広がる「カザグルマウォール」など、思わず写真を撮りたくなる景色が広がる。夜にはライトアップされ、昼とは違った一面も楽しめる。

Laline(2号館1階)「日本限定チェリーブロッサム ボディケアアイテム」(各種 税込1,980円〜)
イベント期間中は、館内のお店でもイベントに関連したキャンペーンを実施。春色カラーやフラワーモチーフのグッズやフードを販売する。

幸せの訪れを願い表現された空間で、春の訪れを感じてみては?


【イベント情報】
七つの文様を奏でる庭 〜FLOWER GARDEN 2020〜
会期:4月3日〜26日
会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A
時間:ライトアップ 18:00〜19:00
入場無料

※新型コロナウイルスの感染拡大状況によってはイベントが中止になる可能性もあり

最終更新:3月23日