NONA REEVES 西寺郷太によるSpotify オリジナル ポッドキャスト番組が配信開始

NONA REEVES 西寺郷太によるSpotify オリジナル ポッドキャスト番組が配信開始

NONA REEVES 西寺郷太によるSpotify オリジナル ポッドキャスト番組が配信開始の画像

世界で2億7,100万人以上のユーザーが利用する音楽ストリーミングサービスSpotifyでは、ポップンソウルバンド NONA REEVESのシンガー兼メインソングライター・西寺郷太がパーソナリティを務めるSpotifyオリジナル ポッドキャスト番組「西寺郷太のGOTOWN Podcast」の配信をスタート!

「インプット・アウトプット」をコンセプトに、音楽はもちろん、政治、歴史、映画、書籍など西寺が興味のあるテーマについて自由にトークを繰り広げるカルチャー番組となっている。テーマにちなんで毎回様々なゲストを招き、新たな視点をインプットするとともに、自身の持論や考察をアウトプットし、リスナーの知的好奇心を刺激していく。



初回テーマは、音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク(通称ヒプマイ)」について。西寺同様に同プロジェクトに楽曲を提供したKURO(HOME MADE家族)、さらに「週刊SPA!」副編集長 田辺健二を招き、ヒプマイの魅力や音楽制作に関するエピソードを語る。4月19日配信の第2回目は、西寺自身の思い入れの強いアーティストの一人である「マイケル ジャクソン、そしてミュージシャンと書籍」がテーマとなっている。また、プレイリストもスタートしており、番組で登場した楽曲で選曲されている。



さらに本番組に合わせて、Spotify公式プレイリスト「西寺郷太 Works」も公開。これまでに製作などで携わった岡村靖幸、YUKI、中島美嘉、私立恵比寿中学、Negiccoなどのアーティストとのコラボレーション楽曲を中心に50曲をセレクトしている。こちらも番組と一緒に楽しみたい。