VAINL ARCHIVE大北幸平氏デザインによるこだわりのインスタポンプフューリーやアパレルアイテムが登場

VAINL ARCHIVE大北幸平氏デザインによるこだわりのインスタポンプフューリーやアパレルアイテムが登場

VAINL ARCHIVE大北幸平氏デザインによるこだわりのインスタポンプフューリーやアパレルアイテムが登場の画像

グローバルフィットネスブランドのリーボックは、2020年春夏より、ファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)」の大北幸平氏をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にしたスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」の発売を開始しました。2月の発表に続き、「INSTAPUMP FURY(インスタポンプフューリー)」および、夏に向けたアパレルアイテムを2020年5月8日より順次発売します。



今回は、本コレクションにおいて初登場となるリーボックを代表するモデル「INSTAPUMP FURY」に加え、かつてリーボックが競技スポーツ用ウエアを展開していた当時のサッカーシャツから着想を得たアイテムなど、注目アイテムが多数登場します。また、2月に発売されたジャケットとセットアップとして使用できる同素材のハーフパンツや、鮮やかなカラーリングの半袖Tシャツなど、これから暖かくなる季節にぴったりのアイテムにも注目です。

81 INSTAPUMP FURY

■「Reebok eightyone」のこだわり抜かれたアイテム


2月の発表から注目を集める本コレクションのデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトの中において、『Reebok eightyone』では”違和感”を出すことが一番の目的だった」と大北氏が語るように、VAINL ARCHIVE のモノ作りの根幹である「生地、色、シルエットの組み合わせの中に潜む”違和感”」を踏襲しています。グレーやブラックを基調として都会的な雰囲気を演出し、ひとつのアイテムに異素材を用いて立体感を出すなど、シンプルでありながら、極めて個性的な仕上がりとなっています。

「Reebok eightyone」は大北氏の手によって、見事にスポーツとファッションが融合したコレクションであり、リーボックが彼とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイルです。記念すべきファーストコレクションのビジュアルは、国内外で注目を集める、NYを拠点に活動するフォトグラファー、小浪次郎氏により撮影されました。

●特設サイトURL: https://reebok.jp/classic/eightyone/



■「Reebok eightyone」のコンセプト
ファッションやそれをとりまくカルチャーが常に世界から注目を集めている都市、“東京(日本)”という街において、「世界から俯瞰して見た“東京(日本)”を、世界に向けて発信する」というコンセプトの基、本コレクションのプロジェクトが立ち上げられました。日本から世界へ、世界から日本へ向けたインターナショナルコール(国際電話)も、飛躍的に増えることが予想されることからも、本コレクション名は“東京(日本)”のダイヤルコードである“+81”から命名されました。リーボックは、大北氏とともに提案する新たなスポーツミックスのスタイルとして、スポーツとファッションが融合した「Reebok eightyone」を、世界に向けて発信していきます。


■デザイナー 大北幸平氏について

大北幸平氏
1976年生まれ、東京都出身。2009年に自身のブランド「VAINL ARCHIVE」を立ち上げ、日本を代表するファッションブランドとして国内外で注目を集める。2018年には、自身がオーナーを務めるギャラリー兼コンセプトショップの「SALT AND PEPPER(ソルト アンド ペッパー)」をオープン。これまでにリーボックとVAINL ARCHIVE のコラボレーションとして、CLUB C(クラブ シー)とDAYTONA DMX(デイトナ ディーエムエックス)のデザインを手がけている。


■フォトグラファー 小浪次郎氏について
1986年生まれ。写真家。活動初期より8年間、自身の父親を撮影し続け、絶妙な親子の距離感を記録した作品で2010年に富士フォトサロン新人賞を獲得するなど高い評価を得る。これまでに2013年『父をみる』、2014年『personal memory 』、2015年『PARADAISE TOKYO』、2017年『GIMATAI』、2018年『Straigt,No chaser』、2018年『SCARS』などの写真集を刊行。 主な個展に2011年G/P FRONT LINE SHOW 「complex and more」(Spiral garden)、2012年「UK-curtain call 」(KONICA MINOLTA Gallery)、2013年「Loolong at my father」(Fuji film salon)、2016年「GIMATAI」(Book Marc)、2018年「Straight,No chaser」(SALT AND PEPPER)、「SCARS」(common Gallery)等、グループ展も多数行う。また数々のファッションブランドや雑誌、広告、アーティスト 写真などを手がける。2017年より活動拠点をニューヨークに移す。『The New York Times』『Interview Magazine』などで作品を発表している。2020年より気鋭のphotographer を集めたエージェント「cameraclub」に所属。



■Reebok × eightyone collection?

81 INSTAPUMP FURY(81 インスタポンプフューリー)
リーボックの最もアイコニックな1足である「INSTAPUMP FURY」が登場します。2月に発売された「81 ZIG KINETICA(81 ジグ キネティカ)」同様に、ブラウンとライトグリーンなど、今までのリーボックでは珍しいカラーコンビネーションを差し色に採用したデザインです。また、甲とヒール部分に施されたロゴも、「Rebok eightyone」のコレクションロゴに変更されているのがポイントとなっています。

●品番/カラー(写真左より):
[FX1667]ブラック
[FX2276]ブラウン
●サイズ:23.0cm〜30.0cm(ユニセックス)
●自店販売価格:2万900円(税込)



81 Tee(81 Tシャツ)
シーンを選ぶことなく使用できる半袖Tシャツは、背面にあしらわれたマット調のロゴプリントや、スリットが施された裾など、シンプルなデザインの中にもさりげないこだわりが光るデザインに仕上げました。全ラインナップの中でターコイズブルーなど、唯一明るいカラーを採用しており、コーディネートのアクセントとしてもお楽しみいただけます。

●品番/カラー(写真左より):
[GI7142]シーポートティール
[GI7141]ホワイト
●サイズ:J/S, J/M, J/L, J/O, J/XO, J/2XO, J/3XO(ユニセックス)
●自店販売価格:4,939円(税込)



81 WOVEN SPT(81 ウーブン ショーツ)
2月に発売されたジャケット(下写真)と同素材のショートパンツは、トータルコーディネートとしてセットアップでもお使いいただけます。正面にコレクションロゴを施したシンプルなデザインでありながら、バックポケットにはジップを付けた実用性も高いモデルとなりました。


●品番/カラー(写真左より):
[GI7150]ブラック
[GI7149]トレックグレー
●サイズ:J/S, J/M, J/L, J/O, J/XO, J/2XO, J/3XO(ユニセックス)
●自店販売価格:7,359円(税込)



81 JERSEY SHORTS(81 ジャージ ショーツ)
2月に登場したたジャージ素材のジャケット(下写真)と同素材のショートパンツは、正面にコレクションロゴを施し、ポケットの縁には異素材を組み合わせたこだわりのアイテムです。


●品番/カラー(写真左より):
[GI7155]ブラック
[GI7156]トゥルーグレー8
●サイズ:J/S, J/M, J/L, J/O, J/XO, J/2XO, J/3XO(ユニセックス)
●自店販売価格:6,259円(税込)



81 LS Tee(81 ロングスリーブ Tシャツ)
かつてリーボックが、競技スポーツウェアをラインナップしていた頃に展開していたサッカーシャツから着想を得てデザインされたTシャツです。7分丈でスポーティな素材が快適な着心地を生む、こだわりの1着となっています。

●品番/カラー:[GI7136]トゥルーグレー8
●サイズ:J/S, J/M, J/L, J/O, J/XO, J/2XO, J/3XO(ユニセックス)
●自店販売価格:8,459円(税込)※5月下旬発売予定



81 SOCCER Tee(81 サッカー Tシャツ)
過去にリーボックが展開していたサッカーシャツから着想を得てデザインされた半袖Tシャツは、正面に2000年代前半に使用されていたリーボックのロゴ「Rbk」をプリントし、左肩部分には「Reebok eightyone」のコレクションロゴを刺しゅうし、スポーティーなデザインに仕上げています。

●品番/カラー:[GI7152]グラベル
●サイズ:J/S, J/M, J/L, J/O, J/XO, J/2XO, J/3XO(ユニセックス)
●自店販売価格:7,359円(税込)※6月上旬発売予定



販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp)
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京プラザ、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)
・SALT AND PEPPER
・BILLY'S ENT 各店(※スニーカーのみのお取り扱いとなります。また、一部取り扱いのない店舗もございます)

※リーボック オンラインショップを除くすべてのリーボック直営店は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在臨時休業しております。休業店舗における本商品の販売については、営業再開後順次開始を予定しております。リーボック直営店の臨時休業および営業再開に関する詳細は、リーボック公式ブログ(https://store.reebok.jp/blog/fitness/16893)をご覧ください。




企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。