ティソから現代を生きる女性のためのオートマティックウォッチ「T-My Lady」が登場

ティソから現代を生きる女性のためのオートマティックウォッチ「T-My Lady」が登場

ティソから現代を生きる女性のためのオートマティックウォッチ「T-My Lady」が登場の画像


1853年の創業以来、時計づくりの聖地ル・ロックルに拠点を構えるTISSOT[ティソ]は167年を数えるその長い歴史の中で、男性にも女性にも使い心地の良い、高品質で美しいデザインの時計を世に送り出してきました。そして2020年、ティソは“現代(いま)”を生きる女性のライフスタイルに寄り添ったモデルを発表しました。

Tissot T-My Lady[ティソT-マイ レディ]。それは、忙しくとも充実した日々を送り、家庭でもビジネスシーンでもプライベートシーンでも自らリードする。そんな女性をイメージして生まれたタイムピース。タイムレスなラインとフォルム、そして気品あるデザインは、そのすべてを女性のために捧げた、まさに“現代(いま)”を生きる女性のためのオートマティックウォッチです。

デイリーに使いやすい29mmのケース径に、スウォッチグループとオーデマ ピゲが共同開発した新しい非磁性合金Nivachron(TM)を使用し、優れた非磁性を備えたNivachron(TM)製ひげゼンマイを搭載したオートマティックムーブメント、Powermatic 48[パワーマティック48]を組み合わせることで、磁気を発するデジタル機器に囲まれた現代の生活環境においても高精度を維持し、最長48時間のロングパワーリザーブが高い実用性を提供します。

ダイアルカラーは、ベゼルに60石のダイヤモンドをあしらったシルバー、包み込むような優しい印象のクリームオパリン、そして深みのあるスモークブルーで展開。丁寧に面取り加工されたアプライドインデックスやデイト表示窓は、単に女性らしく華やかなだけではなく、大人の女性がたたえるクールな印象も併せ持ちます。そして各々のダイアルカラーをより鮮やかに演出するポリッシュ仕上げの18Kローズゴールド製ベゼルが、腕元に気品にあふれた彩りを演出します。

時計を単なる時を刻むアイテム以上の存在と考える、身につけるものにこだわりを持つ、そんな女性にぴったりのTissot T-My Ladyは、性能からデザイン、そして素材においても、デイリー使いのみならず、フォーマルシーンにもふさわしいクオリティを備えたタイムピースです。

【ティソ T-マイ レディ】
*6月よりティソ直営店舗にて先行発売

T930.007.41.031.00
シルバーダイアル/ダイヤモンドベゼル/ステンレススチールブレスレット
税込価格 26万1,800円(本体価格 23万8,000円)


T930.07.41.266.00
クリームオパリンダイアル/8ポイントダイヤ/ステンレススチールブレスレット
税込価格 17万2,700円(本体価格 15万7,000円)


T930.007.46.041.00
スモークブルーダイアル/レザーストラップ
税込価格 15万4,000円(本体価格 14万円)


T930.007.46.261.00
クリームオパリンダイアル/レザーストラップ
税込価格 15万4,000円(本体価格 14万円)


仕様:
ムーブメント
オートマティックムーブメント
Powermatic 48[パワーマティック48](ETA C26.111)
最長48時間パワーリザーブ
優れた非磁性を備えたNivachron(TM)製ヒゲゼンマイ
25石、28,800 振動/時(4Hz)

ケース&ベゼル
316Lステンレススチールケース
ケース径:29 mm ケース厚:10.35mm
18Kローズゴールドベゼル
ダイヤモンドベゼル(60石/0.39カラット)のオプション
傷防止加工サファイアクリスタルガラス
シースルーケースバック
5気圧防水(50 m/165ft)

ダイアル
時針、分針、秒針、デイト表示
アプライドインデックス
ドーフィン針
8ポイントダイヤモンド(60石/0.39カラット)のオプション

ストラップ
ステンレススチールブレスレット
ポリッシュ&サテン仕上げの3連ステンレススチールブレスレット
プッシュボタン式バタフライクラスプ
フォールディングセーフティークラスプ

レザーストラップ
カーフレザー
プッシュボタン式バタフライクラスプ
フォールディングセーフティークラスプ



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。