ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 射手座

ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 射手座

ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 射手座の画像

FASHION HEADLINEが毎週月曜日にお届けしている、西洋占星術師 ムーン・リー先生による12星座占い。2020年下半期(7月から12月)の星のメッセージを星座別に細かく読み解きます。

■全体運

下半期も海外は自粛傾向。外国運の強い射手座には辛い運気かも。反面、感受性に恵まれるので、五感を研ぎ澄ませて、美意識の高いライフスタイルをエンジョイできます。9月は、低迷月。飽きっぽさを封印し、一度手に入れたものは、簡単に投げ出さないこと。11月、12月は、衝動的な行動に幸運が潜んでいます。異業種の人や文化が違う人と友情が芽生える予感も。金運は、シビアな金銭感覚を武器にすると最強運に。8月は、サイドビジネスなどで臨時収入が舞い込みます。

>>射手座の仕事運を見る

----

■仕事運

冒険せず、堅実にこなすことが下半期の開運テーマ。コツコツ積み上げた先に成功が潜んでいます。また、五感が冴えるので、美のセンスを生かせるラグジュアリーな職種もツキあり。10月以降、接客業の人は、きめ細やかな対応ぶりが認められ、昇進できる暗示も。転職は、秋以降にユニークなオファーが舞い込みます。ただ、早めの決断を強いられる会社には、縁がなさそう。サイドビジネスは好調。趣味が思わぬ収入を生むなど、ラッキーな流れも掴めます。

>>射手座の恋愛運を見る

----

■恋愛運

焦るほど空回りしがち。余裕を持って相手を追いかけるスタンスがラブキーに。9月は、結婚に繋がらないけれど、居心地のいい相手と深入りしそう。誠実な相手と結婚ができる運気なので、アバンチュールな恋愛は避けたほうが賢明。運命の相手は、頑固でこだわりが強い成功者。反対に、何でもあなたに合わせてくれる人とは、長続きしないかも。交際期間の長いカップルは、晴れてゴールインできそう。また、気ままに生活してきた既婚者は、堅実路線に切り替えて。

>>射手座の健康運を見る

----

■健康運

下半期は、美と健康が密接に繋がります。理想の体型や体重をキープすることで、ヘルシー&パワフルな日々を過ごせそう。ただ、季節の変わり目は注意して。扁桃腺が腫れたり、腰痛持ちの人は、更に悪化する恐れがあります。冷え対策も万全に。美容は、メンテナンスを怠り、手強い吹出物や小皺などのスキントラブルに見舞われそう。潤い不足にならないよう気を配って。シリアルやヨーグルトがラッキーフード。

>>射手座のラッキースポット、ラッキーデーを見る

----

ラッキースポット:エンタメスポット
ラッキーデー:8月1日、12月13日

>>2020年下半期、ほかの星座も見る
>>ウィークリー占いを見る



【プロフィール/ムーン・リー】
西洋占星術師。『numero』『mina』など数々の人気女性誌での連載やエッセイや書籍の執筆など実績多数。「怖いほど当たる! 」鑑定士として話題を呼んでいる。当連載では12星座占いとファッションを融合させたハイブリッドな週間占いを提案。長年の鑑定や研究から導き出される開運のメッセージを届ける。