ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 蠍座

ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 蠍座

ムーン・リーの12星座占い【2020年下半期の運勢は? 】 - 蠍座の画像

FASHION HEADLINEが毎週月曜日にお届けしている、西洋占星術師 ムーン・リー先生による12星座占い。2020年下半期(7月から12月)の星のメッセージを星座別に細かく読み解きます。

■全体運

思う以上に多忙な日々となる下半期。レジャーなどの計画は、ことごとく飛ばされるかも。反面、アクティブな行動にチャンスが潜んでいます。他人が手を出さないことなどにあえてチャレンジしたり、ひらめいたことを早めに形にすることが開運を招きます。8月、10月は、執着していた相手との関係が切れる暗示が。でもそれは、利害関係のない誠実な人脈を築くきっかけとなりそう。また、マンション購入や引っ越しを考えている人は、11月までに方針を固めて。

>>蠍座の仕事運を見る

----

■仕事運

9月末から一気にポジティブモードのスイッチが入ります。興味あるポジションや今までは思いもよらなかったサイドビジネスを発見しそう。ただ、基本的に成功か失敗か両極端になりがち。慎重なあなたですが、今まで以上に、下準備を万全に。また、キャリアップに固執し、根回しなどをすると流れが悪くなる恐れが。大らかに能力を発揮できる仕事で、プラスの評価をもらえそう。転職する際、お世話になった人への不義理的な辞め方は後を引くので気をつけて。

>>蠍座の恋愛運を見る

----

■恋愛運

肉食な割に、簡単に心を許す恋はしない蠍座。それが婚期を逃す要因を招いていたのかも。でも、下半期は、恋の着火が早く、授かり婚など、華やかな運命が待ち受けていそう。運命の相手は、フレンドリーで、ざっくばらんに話せる人。特化した才能の持ち主とも縁があります。8月は、プライドが災いしたり、ヘビーな恋をしがち。一人で悩まず、誰かにネガティブな恋愛話を聞いてもらうと好転します。カップルは、自然体でいる事でプロポーズされるなど、愛されモードに。

>>蠍座の健康運を見る

----

■健康運

下半期は、お酒の飲み過ぎや夜更かしなど、悪習慣を正すことがミッションに。蠍座は、年末に行くほど、子宮系の病気や腰痛に見舞われる暗示があります。悪くなる前に体質改善に励みましょう。デスクワークの人は、お尻周りの血流を促す運動が効果的。ダイエットに関しては、信頼できるトレーナーを見つけたり、美のカリスマ的な人物から情報を得ることで綺麗になれそう。南国系のフルーツやオリーブオイルが開運フード。

>>蠍座のラッキースポット、ラッキーデーを見る

----

ラッキースポット:海や湖など
ラッキーデー:10月30日、11月25日

>>2020年下半期、ほかの星座も見る
>>ウィークリー占いを見る



【プロフィール/ムーン・リー】
西洋占星術師。『numero』『mina』など数々の人気女性誌での連載やエッセイや書籍の執筆など実績多数。「怖いほど当たる! 」鑑定士として話題を呼んでいる。当連載では12星座占いとファッションを融合させたハイブリッドな週間占いを提案。長年の鑑定や研究から導き出される開運のメッセージを届ける。