アレン・アイバーソンの「釣り」への情熱を表現。人気スニーカーストアNICE KICKSとコラボしたリーボックの新作

アレン・アイバーソンの「釣り」への情熱を表現。人気スニーカーストアNICE KICKSとコラボしたリーボックの新作

アレン・アイバーソンの「釣り」への情熱を表現。人気スニーカーストアNICE KICKSとコラボしたリーボックの新作の画像

グローバルフィットネスブランドのリーボックは、アメリカの人気スニーカーストア「NICE KICKS(ナイス キックス)」と、デザイナーのFrank Cooker(フランク・クッカー)とコラボレーションし、1990年代〜2000年代前半を代表する伝説的バスケットボールプレイヤー、アレン・アイバーソンの趣味である“釣り”に対する愛をオマージュした「Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU(リーボック × ナイス キックス クエスチョン ミッド MU)」を2020年7月25日に発売します。


■「Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU」について
今回発売となる「Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU」は、リーボックが、アメリカを拠点に最新のスニーカー情報を発信するリテールストア「NICE KICKS」と、デザイナーのフランク・クッカーがコラボレーションしたことで実現しました。1990年代〜2000年代前半に活躍した伝説的バスケットボールプレイヤー、アレン・アイバーソンのシグネチャーモデル「QUESTION(クエスチョン)」をベースに、アイバーソン本人が幼少期から愛してやまない“釣り”への情熱を表現した1足です。

本モデルは、アッパーと縫合されたウェーブ型マッドガードとつま先の部分にはスエード素材が使用され、一つのモデルの中で異素材が絶妙に組み合わさっています。さらに、ミッドソールを彩るスペックルや、アウトソールとシュータンにあしらわれたリーボックのベクター・ロゴには、暗闇で光る蓄光ペイント加工が施されており、夜間の”釣り”を彷彿とさせるこだわりが特徴です。また、ボディは全体にわたって、アクアブルー、グレー、ベージュの繊細なアース・トーンが、活気に満ちたイエロー、パープル、レッドと対照的なカラーリングに仕上がりました。

コラボレーションモデルとして、左足のアウトソールの踵部分にはアイバーソンのナンバーである「3」のロゴ、右足には「NICE KICKS」のロゴをほどこし、それらの上に位置するアッパーの踵部分にはクラシックなリーボック「QUESTION」のロゴを配置しています。

■「Reebok×NICE KICKS」コラボレーションの背景
本モデルは、1990年代〜2000年代前半を代表する伝説的バスケットボールプレイヤー、アレン・アイバーソンとリーボックのデザイナーであるスコット・ヒューイットが25年ほど前に、2人が釣り旅行を楽しんだ時に交わした会話からインスパイアされています。この旅をきっかけにアイバーソンと親交を深めたヒューイットは、1996年にデビューした「QUESTION OG(クエスチョン OG)」の特徴的なデザインを生み出し、結果的に「QUESTION」は、スニーカー史上最もインパクトのあるシグニチャー・シルエットのひとつとして人気を博すことになりました。

コラボレーションに際し、アイバーソンは釣りへの情熱をはじめ、幼少期、故郷バージニア州ニューポートニューズ近くを流れるジェームズ川で釣りをしたこと、そして若い頃「本当は釣りのプロになりたい」と、周囲の人に話していたことを語っています。

<アレン・アイバーソンのコメント>
「家族全員が釣りをしていたから、俺も5歳の時に釣りを始めたんだ。初めて出かけた日のことをはっきり思い出せるほど、夢中だった。誤って母の足に釣り針を引っかけてしまったのを思い出すよ。実際に、当時母が使っていたひざ掛けの色まで覚えてる。昔は、みんなで近所の岩場や桟橋などから釣りをしていて、ボートで釣りに出るようになったのは、NBAに入ってからだね。何かから逃避したり、雑念を払うために釣りをするひとは多いけれど、俺はただ”釣り人”でありたいだけなんだ。釣りの楽しさを、愛して止まないんだよ。」

■アレン・アイバーソンとは
アレン・アイバーソンは、学生時代からその活躍で全米の注目を集め、1996年にドラフト 1位に指名されると、プロ初シーズンで新人王を勝ち取った伝説的バスケットボールプレイヤーです。リーボックは、彼の運動能力の高さを早くから見極め、スポンサー契約を結びました。アイバーソンは初シーズンから素晴らしい成績をおさめ、2016年にはバスケットボール殿堂入りを果たしました。今でも歴史に残るカリスマプレイヤーとして、高い人気を誇っています。

■「QUESTION」とは
1996年にドラフト全体で1位に指名されたアレン・アイバーソンに対して、リーボックは早い段階からその運動能力の高さを見極め、彼と契約しました。しかし、アイバーソンがリーグに入る前に乱闘事件に巻き込まれたことなどから、世間からは「アレン・アイバーソンは本当に大丈夫なのか?」という疑問の声も上がっていました。リーボックは、そういった周囲の評判を逆手に取り、アイバーソンのシグネチャーモデルとして発売した第一弾を「QUESTION」と命名しました。90年代のリーボックを代表するハニカム構造のクッショニングシステム「HEXALITE(ヘキサライト)」をソール部分に搭載しており、衝撃吸収力に長けた一足です。

■商品概要


名称:Reebok x NICE KICKS QUESTION MID MU(リーボック × ナイス キックス クエスチョン ミッド MU)
●品番/カラー:[FW1784]STUCCO/BLACK/SETEME
●サイズ:25.0cm〜31.0cm ※30.5cmの展開はありません
●自店販売価格:1万9,800円(税込)
●発売日:2020年7月25日(土)
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(https://reebok.jp)
・リーボックストア 渋谷
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE)
・KICKS LAB.



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。