ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ2020年秋冬新作は、70'sファッションアイコンへのオマージュ

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ2020年秋冬新作は、70'sファッションアイコンへのオマージュ

ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ2020年秋冬新作は、70'sファッションアイコンへのオマージュの画像


ユニクロ(UNIQLO)とイネス・ド・ラ・フレサンジュのコラボレーションによる2020年秋冬コレクションが8月28日より発売される。



イネス・ド・ラ・フレサンジュが、2020年秋冬コレクションのヒントにしたのは、“1970年代のファッションアイコン”。

イネス自身も憧れを抱いたジェーン・バーキン、フランソワーズ・アルディといった映画スターたちは時代のファッションリーダーであると同時に、新しい女性像の象徴でもあり、「当時は多くの女性たちが、“女性はこうあるべきだ”という昔からの慣習にとらわれない生き方をしたいと強く願っていました。そして、解放された女性たちは、ファッションも人生も自ら開拓していきました」と、イネスは振り返る。



着る服も自らの価値観に合わせて選び、独自のワードローブを作り上げた、当時の自立した女性たち。今シーズンは、現代もなお多くの女性たちから支持される、“素晴らしき女性たち”からインスピレーションを得たコレクションが展開される。






Bohemian


70年代の自由な空気を象徴するボヘミアンスタイル。ペイズリーやドット柄などバリエーション豊かなツイストプリーツのスカートやワンピースがラインアップされる。また、秋冬に欠かせないニットアイテムは、フォークロアのムード漂うフェアアイル柄がキーアイテムに。これは、本コラボレーション「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE」初の3Dニット仕立てとなっている。


Neo Bourgeois


続いてのキーワードは、ネオ ブルジョワ。洗練された女性のアイテムとして欠かせないシルク100%のブラウスやラップドレスが充実。ムートン風のジャケットやロングカーディガン、キュロットパンツと合わせて、遊びを加えたカジュアルな着こなしを楽しみたい。


Mannish


率先してマニッシュなスタイルにも挑戦していた70年代の女性たち。本コレクションでも、かっちりとしたシルエットのコートから、クラシカルなツイードジャケット、コーデュロイのパンツなどメンズライクなコーディネートに欠かせないアイテムが登場。


アイテムラインアップは、ウィメンズ39型。価格帯は、アウター 5,990円から1万4,990円、パンツ / スカート 2,990円から5,990円、シャツ 2,990円から5,990円、ニット 3,990円から8,990円、ワンピース 4,990円から1万2,900円、グッズ 1,990円から4,990円(価格帯は変更の可能性あり)。

販売店舗は、国内のユニクロ31店舗とユニクロオンラインストアにてフルラインアップでの取り扱い、一部商品は国内全店舗での取り扱いとなる。スペシャルサイト(www.uniqlo.com/inesparis)も公開中。


>>その他のユニクロの記事はこちらから