至高の芸術品、トゥールビヨン腕時計「プロメテウス」の先行予約をスタート

至高の芸術品、トゥールビヨン腕時計「プロメテウス」の先行予約をスタート

至高の芸術品、トゥールビヨン腕時計「プロメテウス」の先行予約をスタートの画像

米国ニューヨークにある時計ブランドのERA Timepieces(エラ・タイムピーシーズ)は、「Makuake」にて2020年7月30日14:00より、トゥールビヨン腕時計「Prometheus」の先行予約販売を開始いたしました。

■プロジェクトページ(Makuake)
https://www.makuake.com/project/era_timepieces/


■トゥールビヨンとは
フランス語で「渦」を意味するトゥールビヨンは、19世紀に発明された時計製造技術の中で最も難易度の高い世界三大複雑機構の一つです。トゥールビヨンは熟練の機械工が1,000分の1ミリ単位の管理を行いながら部品を作り出し、100を超える繊細で精密な部品を熟練の時計職人が1つずつ丁寧に手作業で組み上げていきます。複雑難解な機構と高度な技術力を持った職人が丹精込めて作り上げているからこそ、世界の時計愛好家にとってトゥールビヨンは憧れでありロマンの象徴にもなっています。



■Prometheusとは
Prometheusは、ERA Timepiecesによって開発されたトゥールビヨン腕時計です。技術革新とこれまでの常識を打ち破る手法により、数百万円以上が当たり前だったトゥールビヨンを低価格で実現。お求めやすい価格ながら、その完成度と品質の高さを評価され、2019年の「ベスト・オブ・トゥールビヨン20」では第2位を獲得。世界の多くのトップスター選手も愛用しており、海外メディアをはじめ各方面で高く評価されています。


■最高級トゥールビヨンと変わらぬ高品質
Prometheusは、至高の芸術品に仕上げるため、細部まで徹底したこだわりを追求しました。美しく精巧な中空彫刻の文字盤、高級ブランドの高性能モデルと変わらない日差±10秒以下の性能など、トゥールビヨンならではの高度な職人技を堪能できます。


また、Prometheusの背面は美しいスケルトン様式となっており、背面からもトゥールビヨン機構の美しさを堪能できます。すべてのPrometheusは固有識別番号で管理されており、その時計が世界に一つしかない証明となります。


■技術革新によりトゥールビヨンの低価格化を実現
Prometheusの開発では、これまで熟練工が手作業で行っていた精密な部品作り等の作業の多くを自動化させることで、可能な限り手作業に掛かる時間を短縮し、生産時間の短縮や量産化によるコスト削減に成功。これまでは高額で手の届かなかったイメージのあるトゥールビヨン腕時計の低価格化を実現しました。


■製品仕様
商品名:ERA Prometheus(プロメテウス)
ケース(厚み/内径):手動巻き12.72×44mm / 自動巻き14.72×44mm
重量:手動巻き 100g / 自動巻き 125g
パワーリザーブ:32時間
日差:出荷時±10秒以下に調整
振動数:28,800vph
ケース素材:手動巻き SUS316Lステンレスまたはプラチナ / 自動巻きSUS316Lステンレス、プラチナまたはDLC
防水機能:5ATM/50m
ムーブメント:手動巻き HZ3360A / 自動巻き ERA004
ガラス:反射防止コーティングサファイアクリスタル
ベルト:イタリア産レザー(加工地中国)
付属品:専用ウッドBOX・保証書・取扱説明書
生産地:Designed in New York / Made in China

■プロジェクトページ(Makuake)
https://www.makuake.com/project/era_timepieces/

■ERA Timepiecesについて
ERA Timepiecesはアメリカのニューヨークにある時計ブランドです。ギリシャ神話のプロメテウスの様に、高級時計業界に潜む複雑な問題を取り除き、誰もが手に入れられる高品質の高級時計を作る事を目的として活動しています。CEOのMichael Galarzaは、世界の高級ブティックが高品質のサプライヤー探しを支援することに特化した高級品の調達および流通ビジネスを行い、長年に渡ってビジネスで出会ったマスタークラスの時計メーカーと提携して会社を設立しました。

■公式サイト
https://eratimepieces.jp/

TASCHH LIMITEDはERA Timepeicesのアジア担当代理店です



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。