創業者 服部金太郎の生誕160周年を記念する限定モデルがセイコー アストロンから発売

創業者 服部金太郎の生誕160周年を記念する限定モデルがセイコー アストロンから発売

創業者 服部金太郎の生誕160周年を記念する限定モデルがセイコー アストロンから発売の画像


セイコーウオッチ株式会社は、世界初のGPS ソーラーウオッチ<セイコー アストロン>より、セイコーの創業者である服部金太郎の生誕160 周年を記念する数量限定モデル1 機種を金太郎の誕生日(旧暦)である10 月9日より国内、海外で順次発売いたします。希望小売価格は44万円(税込)(税抜40万円)です。

本年2020 年は、創業者である金太郎の生誕160 周年という記念すべき年にあたります。セイコーはこれまで、金太郎の「常に時代の一歩先を行く」という理念のもと、数多くの革新的な製品を生み出してきました。その中でも、世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>は、バッテリーを気にすることなく、地球上のどこにいてもGPS 衛星からの電波を受信して、すばやくその場所の正確な時刻を表示するという究極の実用機能を備え、1969 年にセイコーが世界に先駆けて発売した<クオーツ アストロン 35SQ>に次ぐ第二の革命ともいえる腕時計です。先進のテクノロジーで腕時計の新しい在り方を提示する<セイコー アストロン>は、まさに金太郎の理念を最も体現するブランドと言えます。

≪商品特徴≫
重厚な存在感を放つ、威風堂々としたデザイン


本作は、創業者を記念するモデルに相応しい威厳ある堂々とした佇まいをイメージした「黒」と「金」を基調としたモデルです。ベゼルには硬く、耐擦傷性に優れたジルコニアセラミックスを採用し、160 周年にちなんだ16 面カットを施しています。豊かで立体的な光の表情と、その光沢感のある輝きがいつまでも味わえる特別な仕上げとなり、ブラックをベースとした立体的なダイヤルを際立たせています。

1900 年に登録された商標「丸角S マーク」を裏ぶたに施した特別仕様


裏ぶたの中央部には、金太郎が1900 年(明治33 年)に登録した商標「丸角S マーク」を鍛造で浮き立たせ、ゴールドカラーで仕上げました。その周囲には金太郎が掲げた理念「常に時代の一歩先を行く」の英訳“ONE STEP AHEAD OF THE REST” と“KINTARO HATTORI” をマーキングしました。

「丸角S マーク」の特製ピンバッジとメッセージカード、付け替え用ストラップが入ったスペシャルボックス


裏ぶたと同じ「丸角S マーク」の特製ゴールデンピンバッジに加え、金太郎を曾祖父とする、現在のセイコーウオッチ代表取締役会長 兼 CEO 服部真二からのメッセージカードと付け替え用のクロコダイルストラップをスペシャルボックスに収めた限定パッケージです。

服部金太郎略歴
1860 年 銀座に生まれる。
1881 年 服部時計店(現セイコーホールディングス)創業。
1892 年 精工舎を設立し、掛時計の製造に着手。
1901 年 東京時計商工業組合頭取就任。
1902 年 このころより時計王と呼ばれるようになる。
1913 年 国産初の腕時計を製造・販売。
1923 年 関東大震災後、焼失した修理預かり品の時計をすべて新品で返済。
1924 年 時計類にSEIKO の名称を使い始める。
1930 年 私財を投じて学術の奨励援助を目的とした財団法人服部報公会を設立。
1934 年 永眠。

≪商品仕様≫

品番 SBXC073
希望小売価格 44万円(税込)(税抜40万円)
ケース チタン(スーパー ブラックダイヤシールド(※1))
バンド チタン(スーパー ブラックダイヤシールド)
付け替え用のクロコダイルストラップつき
防水性能 日常生活用強化防水(20 気圧防水)
ケースサイズ [外径] 42.8mm(りゅうず・突起部含まず) [厚さ] 15.6mm
販売数量 世界限定:2,500本
発売予定日 10 月9日(金)
Comfotex(※2)

【その他仕様】
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/astron/sbxc073

【ムーブメント仕様】
GPS ソーラームーブメント キャリバー5X53
時間精度 : 平均月差±15 秒(受信できない状態で、気温5℃〜35℃において腕に着けた場合)
受信機能 : GPS 衛星電波受信によるタイムゾーン修正機能(※3)
スーパー スマートセンサー(自動時刻修正機能)(※4)
強制時刻修正機能
※「5X シリーズ」では、タイムゾーン修正(手動を除く)に成功すると、その地域のDST(サマータイム)の実施情報
を反映した時刻を表示します。

(※1) スーパー ブラックダイヤシールド
従来の硬質コーティングと比べ約1.5 倍、セイコー独自の表面加工技術「ダイヤシールド」と比べても約1.2
倍の実用硬度(処理膜と素地を含めた硬度)を備え、傷つきにくいのが特徴です。また、剥脱にも強く、色むら
のない漆黒の輝きを実現しています。
(※2) (コンフォテックス)
ガラスの存在を感じさせない「スーパークリア コーティング(※5)」と、時計を傷から守る「ダイヤシールド」に
より、腕時計に求められる快適性(見やすい、傷つきにくい)を実現する、セイコー独自の快適技術です。
(※3) 掲載商品に内蔵されているタイムゾーンおよびDST(サマータイム)のデータは、弊社ウェブサイトにてご確
認ください。(www.seikowatches.com)。タイムゾーン・DST(サマータイム)の導入情報が変更となった場
合には反映されません。手動タイムゾーン選択や、手動DST(サマータイム)設定が必要となります。
(※4) スーパー スマートセンサー
1 日に最大2 回の自動時刻受信を行うセイコー独自の技術。外出時などに、ダイヤルに太陽光が当たると自動
で受信タイミングを調整し、GPS 衛星電波受信を開始。また、前回強制受信に成功した時刻を記憶していて、
同時刻に自動で時刻修正します。(充電量が不足しているときには受信を行いません。タイムゾーンを移動し
た際にはタイムゾーン修正が必要になります)
(※5) スーパークリア コーティング
光の反射を99%以上抑制する透明被膜を、ガラスの表裏両面に施したセイコー独自の無反射コーティング処
理です。太陽光や照明がまぶしい環境下でも、ガラスの存在を意識させません。また、表面の防汚膜により汚
れがついても簡単に拭き取ることができます。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。