創業年「1854」を組み込み、モノグラム・パターンを再解釈。ルイ・ヴィトン新作シリーズの小物やシューズを紹介

創業年「1854」を組み込み、モノグラム・パターンを再解釈。ルイ・ヴィトン新作シリーズの小物やシューズを紹介

創業年「1854」を組み込み、モノグラム・パターンを再解釈。ルイ・ヴィトン新作シリーズの小物やシューズを紹介の画像

ルイ・ヴィトンは、メゾンの象徴的なモノグラム・パターンと創業年「1854」をプレシャスなジャカードに織り込んだ新作を9月25日に発売します。

デザインが豊富なバッグに続き、シューズ、ハット、ストール、ベルトなどの小物のラインアップも充実。ジャカード生地は、様々なスタイルになじむグレーと、差し色としても活躍するボルドーの2色を展開します。同シリーズは、9月25日からルイ・ヴィトン全ストアと公式オンラインサイトにて発売開始予定。
※9月18日からは一部店舗にて先行発売。


「ショール?モノグラム」6万8,000円
「シャポー」8万2,000円



「ブラスレ?ソー ルイーズ」7万2,000円
「サンチュール?LVアイコニック 30MM」7万8,000円


「ポディウム?ライン サンダル」12万3,000円
「ステラー?ライン スニーカー」10万3,000円
「スターボード?ライン ローファー」7万7,000円
「ロックイット?ライン ミュール」8万9,000円

#LouisVuitton #ルイヴィトン



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

×