フランス機械式時計メーカー ベルテが最新作「ル・クレール ブルー」を販売

フランス機械式時計メーカー ベルテが最新作「ル・クレール ブルー」を販売

フランス機械式時計メーカー ベルテが最新作「ル・クレール ブルー」を販売の画像


フランス機械式時計メーカーBERTHET(ベルテ)が新作『Le Clair Bleu(ル・クレール ブルー)』の販売を開始します。フランス語で「光」を意味する『Le Clair(ル・クレール)』コレクションは優美な印象を持つサンレイ・ギョーシェダイヤルが特徴のマスターピースです。

この最新作『Le Clair Bleu(ル・クレール ブルー)』はそのサンレイ・ギョーシェダイヤルに洗練されたブルースチール針を配した、フランスを象徴する白と青のコントラストが美しい王道のフレンチシックモデルです。

フランスを象徴する白と青のコントラスト


クラシカルなオニオンリューズとコインエッジ装飾


フランスにて1888年より機械式時計を作り続けているベルテ。自社製造比率70%を超えるベルテの職人気質とフランスの伝統美が融合したタイムピース全国のベルテお取扱店にてご購入いただけます。


型番:BR.LCB.43.WH.S.L
価格:12万1,000円(税込)
素材:SS
ケース径:43mm
防水性:50M
駆動方式:手巻き


型番:BR.LCB.43.WH.S.B
価格:15万4,000円(税込)
素材:SS
ケース径:43mm
防水性:50M
駆動方式:手巻き

■ABOUT BERTEHT
1888年から途切れない伝統


ベルテはフランス東部シャルモヴィエにて初代ジョセフ・ベルテが1888年に創業した機械式時計メーカー。多くのブランドが20世紀に休眠状態に陥りましたが、ベルテは最新の製造技術と伝統的な技法によってその荒波を乗り越え、現在も4代目ピエール・ベルテと5代目ウィリアム・ベルテ親子を中心に伝統の時計作りを継承し、独創的で優美なマスターピースを作り続けています。

自社一貫製造のフレンチマニュファクチュール


ベルテはムーブメントの製造を古くから得意としており、ケース、文字盤などもシャルモヴィエの自社工房で生産している希少なマニュファクチュールブランドです。

フランス政府から認められた老舗メーカー


ベルテはその伝統的な時計製造工程をフランス政府に認められ、2017年、無形文化財企業の証、EPVマークを与えられました。これは古くから受け継がれてきた専門的技術を保持する優秀な企業に対してフランス政府が与える認定証で、フランス政府認定のマニュファクチュールとして、お墨付きを得たことを示しています。

■公式サイト
http://berthet.jp/

■お取扱店様
http://berthet.jp/shop/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

×