ブシュロンのアイコンウォッチ リフレの新作ストラップは「パリの青」をコンセプトにしたデニム素材

ブシュロンのアイコンウォッチ リフレの新作ストラップは「パリの青」をコンセプトにしたデニム素材

ブシュロンのアイコンウォッチ リフレの新作ストラップは「パリの青」をコンセプトにしたデニム素材の画像

シンプルにして端正な美しさを誇る、ブシュロンのアイコンウォッチ「リフレ」。ケースには、直線的なゴドロンが装飾され、丸みのあるカボションサファイアのリューズとのコントラストがタイムレスで洗練された印象を与えます。ブシュロンの哲学を反映した”Je ne sonne que les heures heureuses(私はよろこびの時だけを刻む)”が刻まれた裏蓋、ふっと息を吹きかけるとパリ・ヴァンドーム広場の中央にそびえる円柱が現れるホログラムがウォッチの表面に仕掛けられています。

このリフレ ウォッチの最大の特徴である交換可能なストラップの新作を、数量限定で9月30日に発売します。歴史に満ちたパリの街に見られる深みのあるブルー。そして、パリジェンヌたちのワードローブに欠かせないデニム。「Le Blue de Paris(パリの青)」をコンセプトにしたデニム素材の新しいストラップは、このウォッチに新たな表情を与え、様々なスタイルを輝かせます。

「リフレ ジーン ストラップ」世界50本限定発売(デニム、ステンレススティール)2万円(税込)
また、ブシュロンのクリエイションディレクター、クレール・ショワンヌは、メゾンのアイコンコレクション「キャトル」を冒険的かつ自由な発想により、2つのユニークなアート作品を発表しました。2017年に倉敷の児島ジーンズストリートを訪れたクレールは、普遍的な素材であるデニムと希少なダイヤモンドやホワイトゴールドを融合させたジュエリーの制作を思い立ちます。これはラフな質感のデニムをプレシャスな世界へと見事に導いた、ブシュロンの職人たちの挑戦でもありました。

高貴さとスタイリッシュさを兼ね備えたカフブレスレット。ホワイトゴールドで縁取られた幾何学的なデザインに、ダイヤモンドとファブリックのデニムという予想外の組み合わせによるコントラストがこの作品に深みを与えています。深いブルーカラーのデニムからキャトルのアイコニックなモチーフが浮かび上がります。

「キャトル ブルー ジーン カフブレスレット」(ダイヤモンド、ホワイトゴールド、デニム、レジン)*非売品
リングは、本物のデニム生地と樹脂で作られた素材に、ブシュロンに継承されるグラフィカルなコードであるグログラン、クル・ド・パリ、ゴドロンが彫刻されています。この3本のデニムラインとダイヤモンドのラインが絶妙に調和するリングは、デニム素材と同様にカジュアルでありながらスタイリッシュに仕上がっています。

「キャトル ブルー ジーン リング ラージ」(ダイヤモンド、ホワイトゴールド、デニム、レジン)*非売品


企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

×