カシオ「エディフィス」がホンダレーシングとのコラボ。サーキットの縁石をイメージした赤のアクセント

カシオ「エディフィス」がホンダレーシングとのコラボ。サーキットの縁石をイメージした赤のアクセント

カシオ「エディフィス」がホンダレーシングとのコラボ。サーキットの縁石をイメージした赤のアクセントの画像

カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」とのコラボレーションモデル『EFS-560HR』を10月9日に発売します。

EFS-560HR
「Honda Racing」は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称です。当社がサポートをしているF1チーム「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)」へ、パワーユニットを供給していることでも注目を集めています。「Honda Racing」と“EDIFICE”は、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることから2018年よりコラボレーションを開始しました。

第4弾目のコラボレーションモデルとなる『EFS-560HR』は、レースを通じて培った技術を市販車の開発に還元するHondaと、同じくレーシングチームへのヒヤリングを通じて時計の技術開発を行う“EDIFICE”の共通項として、象徴的なサーキットをデザインのモチーフとしました。文字板には、路面のアスファルトを模した特殊加工を施したほか、文字板の円周とインダイアルにはサーキットの縁石をイメージした赤のアクセントを採り入れるなど、こだわりのデザインに仕上げています。

EFS-560HR
ベゼルには、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用。メカニックのハードな使用シーンを想定し、バンドは、素材にCORDURA(R)ファブリックを表面に用い、更にケブラー(R)繊維をインサートしています。また、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを備えたほか、ソーラー充電にも対応し実用性も確保しました。文字板やバンド、裏蓋には「Honda Racing」のロゴを随所に刻印しています。専用パッケージも用意し、「Honda Racing」を応援する思いを盛り上げるコラボレーションモデルです。

EFS-560HR
専用パッケージ
◆発売日:10月9日
メーカー希望小売価格:4万6,200円(税込)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

×