ファッション ショーのパーフェクトなメイクを誰もが簡単に。「ディオール バックステージ」 ライン

ファッション ショーのパーフェクトなメイクを誰もが簡単に。「ディオール バックステージ」 ライン

ファッション ショーのパーフェクトなメイクを誰もが簡単に。「ディオール バックステージ」 ラインの画像


ファッション ショーのバックステージで活躍するメイクアップ アーティストたちが作り出すパーフェクトなメイクを誰もが簡単にできるように、ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター、 ピーター・フィリップスが作り出した「ディオール バックステージ」 ライン。あらゆる肌の色にマッチし、美しさを作り出すアイテムを取りそろえたこのメイクアップ ラインは、プロの仕上がりを叶えます。

メゾンを象徴するカラー「ゴールド」からインスピレーションを受けた、煌めくシェードが特別に登場します。煌めくゴールドラメが美しい「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」、艶やかなグリッターが特徴の「ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット」が華やかなホリデーシーズンを彩ります。


ローズやシャンパーニュ、ブロンズと多種多様な表情を持つゴールド。ピーター・フィリップスは様々なゴールドを組み合わせ、それぞれマッチングを楽しめるリップ ケア プランパーと、3つの眩いパレットを作り出しました。イエロー ゴールドに輝くピュア ゴールド、ピンクの煌めきを閉じ込めたローズ ゴールド、そして、温かみのあるブロンズのようなコッパー ゴールド。

「肌の色に関係なく様々なシェードを楽しめ、あらゆる組み合わせに挑戦しながらプロの仕上がりであなただけのルックを作り出す、それがディオール バックステージ ラインの魅力です。そこに多彩なニュアンスを演出するハイライターをプラスして。グリッター&グロウは、華やかなホリデー シーズンのマストハブ アイテムです」
─ ピーター・フィリップス

ディオール アディクト リップ マキシマイザー:これまでにないボリューム感と輝き
ディオールNo.1のケア リップ プランパー「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」に3つの新色が仲間入りします。ヒアルロン酸配合で、瞬時にふっくら潤うボリューム感を叶えると同時に長時間唇をケア。高配合のパール ピグメントが発色と輝きを増幅させ、ゴールドの光で唇の丸みを際立たせることで3Dエフェクトをもたらします。

「ディオール アディクト リップ マキシマイザーとディオール バックステージ フェイス グロウ パレットのミックス&マッチ。メイクの仕上げにご使用いただくことで輝く唇を演出します。3Dエフェクトで光を唇の上にのせたかのような仕上がりに」 ─ ピーター・フィリップス

ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット:様々なニュアンスの輝きを肌にプラス
すべてのスキントーンに映える新しい「ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット」は、素早く肌に輝きをプラスします。均一に肌になじむテクスチャーは、煌めく光を反射しこの上なく繊細なツヤを演出。透明で軽やかなジェル ベースにたっぷりと配合されたパール ピグメントが完成度を最大に高めます。

「3つのパレットはどれも多機能で、肌に温かみを与え、光をキャッチしてハイライト効果をもたらします。顔の立体感を出したいポイントにハイライトとしてゴールドを使用、そして温かみのあるシェードはブロンジング効果を与えます。目元や胸、肩になじませればホリデー シーズンにふさわしい煌めきがプラスされます」 ─ ピーター・フィリップス

カスタムしやすいテクスチャーとシェードが、シマリー、メタリック、サテン、グリッターの多彩な仕上がりを叶えます。


ディオール アディクト リップ マキシマイザー
新色3色(すべて数量限定、103、104はクリスマス コレクション 2020として全店舗でも数量限定発売)
各3,700円(本体価格)


ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット
新色3色(うち005は数量限定発売) 各4,900円(本体価格)

2020年11月6日(金)
ディオール公式オンライン ブティック及び、バックステージ ライン導入店限定 発売予定
※ディオール アディクト リップ マキシマイザー3色のみ2020年10月29日にディオール公式オンライン ブティックで1日限定の刻印サービスを実施いたします。

#ディオールバックテージ #DIORBACKSTAGE @DIORMAKEUP



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。