フランスのアンティークと漆が伊勢丹でコラボ。パブリックアートの仕掛け人が提案するティータイムの楽しみ方

フランスのアンティークと漆が伊勢丹でコラボ。パブリックアートの仕掛け人が提案するティータイムの楽しみ方

フランスのアンティークと漆が伊勢丹でコラボ。パブリックアートの仕掛け人が提案するティータイムの楽しみ方の画像

10月28日から11月10日の14日間、伊勢丹新宿店本館5階で、 清水敏男のアトリエ・ギャラリー<セ・ル・ポエム>による 「Autumn in Paris フランスのアンティークでお茶をたのしむ清水敏男の眼×村瀬治兵衛の漆」を開催。 アール・デコを中心とした銀のポットやカトラリーなどと三代目村瀬治兵衛の漆を組み合わせ、アンティーク×現代アートを日常に取り入れたティータイムを演出します。

清水敏男 Photo by Herbie Yamaguchi
ドーム・ナンシー 水差し (1900年頃)、ピュイフォルカゴブレット(純銀1935年頃)、嘉門工藝 古帛紗
Photo by Hirofumi Tani
クリストフル ティーポット (design リュック・ラネル、1930年代)、ピュイフォルカ トング (純銀、他4本セット) 村瀬治兵衛 沢栗香炉台、村瀬治兵衛 沢栗山皿(小)
Photo by Hirofumi Tani
オフィスや学校、駅、商業施設など、街の中で人とアートの出会いをプロデュースするパブリックアートの総合コンサルティング会社「TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE」の代表・清水敏男が、2020年、葉山にアトリエ・ギャラリー<セ・ル・ポエム>をオープン(営業日はwebサイトでご確認ください)。パブリックのみならずプライベートな空間でも、アートプロデュースをはじめました。

フランス語で「それは詩」を意味する店名<セ・ル・ポエム>は、「山路を登りながら、こう考えた」ではじまる夏目漱石の『草枕』にインスピレーションを受けたことばです。「人の世は住みにくい」と嘆きながらも、「詩つまり芸術が私たちを救ってくれる」と考えた漱石。コロナウイルスが蔓延し自宅で過ごす時間が増えたいま、個人空間でも本物のアートや工芸に触れることは、豊かな時間や心の余裕を生みます。とりわけ清水は、フランスのアンティークは、美しい装飾や素材の経年変化による味わい、そして再現できないほどクオリティの高い100年前の職人の技が詰まっていて夢があると考えました。<セ・ル・ポエム>では、テーマ展、トークショー、ワークショップなどを通じて、時代を超えて愛されるアンティークや工芸の魅力、そしてアートを生活に取り入れ、豊かな詩心に満ちた日々をお届けすることを目指しています。

<セ・ル・ポエム>のデビュー企画である本展覧会は、漆芸家である三代目・村瀬治兵衛の作品ならびに村瀬亜里プロデュースの嘉門工藝とのコラボレーション。パリのティータイムを素敵に演出する銀のポットやカトラリー、美しい装飾の陶磁器やガラスなど、アール・デコを中心にしたアンティークと村瀬治兵衛の漆を組み合わせたアンティーク×現代アートで楽しむティータイムをご提案します。清水と村瀬治兵衛氏・村瀬亜里氏は、「葉山アート茶会」をはじめ、2019年12月に開催した在英国日本大使館の「The New look of Tea 村瀬治兵衛展」で協働し、日本のアートと伝統を世界に発信する試みを展開しています。

清水敏男 Toshio SHIMIZU
1953年東京生まれ。77年東京都立大学人文学部フランス文学科卒業。83年Ecole du Louvre(ルーヴル美術館大学)修士課程修了後、東京都庭園美術館キューレーター、水戸芸術館芸術監督を歴任した。97年TOSHIO SHIMIZU ART OFFICEを設立。企業や芸術家と協働し、東京ミッドタウン(六本木)の安田侃「意心帰」、大手町フィナンシャルシティグランキューブのダニエル・ビュレンヌ「? partir de la grande porte, tout le parvis: travail in situ Tokyo 2015/2016」など数々のパブリックアートの設置を実現。2016年フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章受章。2020年に<セ・ル・ポエム>を立ち上げた。

セ・ル・ポエム ウェブサイト https://www.lepoeme.jp

清水敏男がプロデュースした作品事例などは、こちらをご確認ください。
https://tsao.co.jp

東京ミッドタウン(六本木)
安田侃「意心帰」
Photo by Hirofumi Tani
大手町フィナンシャルシティグランキューブ
ダニエル・ビュレンヌ「? partir de la grande porte,tout le parvis travail in situ Tokyo 2015 2016」
Photo by Daishi Saito


企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。