いのちの瞬きをとらえた、逆光ポートレイト。齋藤陽道 写真展『絶対』日本橋三越本店で開催

いのちの瞬きをとらえた、逆光ポートレイト。齋藤陽道 写真展『絶対』日本橋三越本店で開催

いのちの瞬きをとらえた、逆光ポートレイト。齋藤陽道 写真展『絶対』日本橋三越本店で開催の画像

日本橋三越本店では本館6階三越コンテンポラリーギャラリーにおいて、2020年11月18日〜11月30日まで齋藤陽道写真展『絶対』を開催いたします。先天性の感音性難聴という個性をもって生まれ、自身の経験をもとにしたエッセイ集も人気を集める齋藤氏が捉えた日常的な一瞬は、深い内面性を備えています。

『絶対』と題された本展では、ひかりに照らされた被写体から放たれるいのちの瞬きをおさめた逆光ポートレイトシリーズの作品約20点をご紹介いたします。身近に置いてともに暮らしたくなる、希望の光をたたえた作品群です。

「母子」大全紙(49×59cm )、2020年、発色現像方式印画
(C)Harumichi Saito
齋藤陽道について
2008年ごろから写真に取組み、2010年第33回写真新世紀優秀賞を受賞。齋藤氏がカメラを持ったのは20歳の頃でした。「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ齋藤氏は、写真という表現を通して、自身の疑問やひとと正面から向き合ってきました。齋藤氏の作品やことばに触れたとき、太陽の光を直視した一瞬のように、圧倒的なひかりにこころを射抜かれます。

「少女」大全紙(49×59cm )、2020年、発色現像方式印画
(C)Harumichi Saito
「オウム」大全紙(49×59cm )、2020年、発色現像方式印画
(C)Harumichi Saito
日本橋三越本店 齋藤陽道 写真展『絶対』特設ページ
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews0401.html


※諸般の事情により、営業日、営業時間の変更、予定していたイベントなどが中止・変更となる場合がございます。

齋藤陽道プロフィール
1983年東京都生まれ。都立石神井ろう学校卒業。写真家。
2020年ドキュメンタリー映画「うたのはじまり」(監督:河合宏樹)主演。著書に『声めぐり』(晶文社)、『異なり記念日』(医学書院)、『それでも それでも それでも』(ナナロク社)。写真集には『感動』(2011年、赤々舎)の続編となる『感動、』(2019年、赤々舎)がある。

受賞歴
2009年 「タイヤ」 写真新世紀 佳作賞 飯沢耕太郎選
2010年 「同類」 写真新世紀 優秀賞・佐内正史選 東京写真美術館『写真新世紀』展示
2014年 日本写真協会 新人賞



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

×