ティファニーからドーバー ストリート マーケット限定のボーン カフが登場

ティファニーからドーバー ストリート マーケット限定のボーン カフが登場

ティファニーからドーバー ストリート マーケット限定のボーン カフが登場の画像

ティファニーとエルサ・ペレッティは、ボーン カフの誕生50周年を記念して、ドーバー ストリート マーケット限定で展開する「The DSM Edit」を初めて発表いたします。

この限定展開は、スノーフレークオブシディアンをスターリングシルバーにセットした斬新でドラマチックなデザインの新作(先行発売)に加え、絶大な人気を誇るブラックカフとスターリングシルバー製のラージカフによって構成されています。


エルサ・ペレッティ? ボーン カフ(シルバー、スノーフレーク オブシディアン)
33万円(税抜き)


エルサ・ペレッティ? ボーン カフ(コッパーにブラックフィニッシュ)
上:スモール/5万5,000円、下:ラージ/8万円


エルサ・ペレッティ? ボーン カフ(コッパーにブラックフィニッシュ)
ミディアム/6万4,000円(税抜き)


エルサ・ペレッティ? ボーン カフ(シルバー)
ラージ/18万4,000円(税抜き)

タイムレスかつコンテンポラリー、有機的かつ官能的でミニマルなデザインのボーン カフは1970年に初めてデザインされ、ペレッティが1974年にティファニーの専属デザイナーとなって初めて発表したコレクションに加えられて本格的なデビューを飾りました。

近代ジュエリー史の流れを一変させたペレッティの革命的デザインのひとつとされたボーン カフは、その後もジュエリー界のトレンドを超越して、20世紀のデザインの紛れもないアイコンとなりました。

ペレッティ本人によると、ボーン カフのインスピレーションソースは、ローマのカプチン修道会教会の納骨堂で目にした人骨です。さらに、バルセロナで目にしたガウディ建築にもインスピレーションを受けました。

「触れてはならぬものは、永遠に心を惹き付けます」-エルサ・ペレッティ

ボーン カフの5つのスタイルを集めた限定エディションは、世界のドーバー ストリート マーケットのストア(ロンドン、銀座、ニューヨーク、ロサンゼルス、シンガポール)およびオンラインストア(https://shop.doverstreetmarket.com/jp/)で、2020年11月24日から2021年1月15日まで展開いたします。

ドロップシェイプに象られたスノーフレーク オブシディアンをスターリングシルバーにセットした新作は、今回のコレクションのハイライトとしてデビューを飾り、限定期間中は日本ではDSM銀座のみで販売されます。

火山活動によって生まれたグレイ〜ブラックの天然ガラスに雪片形のインクルージョンを点々と散らしたスノーフレーク オブシディアンは、手作業によってペレッティらしい有機的かつ官能的なドロップシェイプに仕上げられています。この作業を担当したのは、何十年もペレッティと共に制作を続けてきた、天然石の彫刻を専門とする職人たちです。

涙の粒-ピュアな感動の象徴-を思わせる官能的なストーンの形状がカフの彫刻的な輪郭にマッチし、自然界と天然素材に対するペレッティの愛と、ハンドメイドの完璧なクラフトマンシップを追求する彼女の妥協なき姿勢を反映しています。

自然界から得たインスピレーション、官能的なミニマリズム、艶やかなブラックが放つ力強いモノクロームの印象、スターリングシルバーと魅惑的なスノーフレーク オブシディアン、その入念に構成されたラインアップは、ペレッティらしいコンテンポラリーな“エッジ”が強調され、スタイリッシュで審美眼のあるDSMのお客様の感性とも共鳴するものです。

5つのスタイルはすべて、右手首用と左手首用で提案され、価格帯は税抜き5万5,000円〜33万円です。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。