Made in JapanのメゾンフレグランスKITOWAから有田焼容器を用いたセンティッドキャンドルヒノキ発売

Made in JapanのメゾンフレグランスKITOWAから有田焼容器を用いたセンティッドキャンドルヒノキ発売

Made in JapanのメゾンフレグランスKITOWAから有田焼容器を用いたセンティッドキャンドルヒノキ発売の画像

株式会社KITOWAは2020年11月12日より、全国有名ライフスタイルショップ、オンラインショップにて、有田焼の容器を用いた季節数量限定「KITOWA センティッドキャンドル ヒノキ」の発売を開始いたします。KITOWA公式オンラインサイトでは、当日20:00からの「KITOWAインスタライブ」開催と同時に販売開始いたします。


創業400年を迎えた日本磁器の原点である「有田焼」の器を用いたセンティッドキャンドル。手仕事で作り上げた八角形容器を用いて、1点1点丁寧にワックスを充填、安定感ある香り立ちや燃焼が特徴のMade in Japanのキャンドルです。ご家族と、大切な方と、あたたかく優しさに満ちたキャンドルの灯りで心豊かなホリデーシーズンをお迎えください。容器はキャンドルを使用した後も、小物入れやプランターなどさまざまな用途でお使いいただけます。長い歴史の中で培われた技術と新しい感覚が融合した有田焼に、洗練された芳香が織りなすKITOWAの世界をお楽しみください。


三重県産天然ヒノキオイル配合。高級感のあるヒノキの香りに、ゼラニウムやイリスを加えることで華やかさを表現。アクセントとしてサンダルウッドを加え、深みを出しています。

容器を手掛けた224porcelainは、佐賀県嬉野市にある肥前吉田で、有田焼の技術を下地としながら、他に類を見ない新しいものづくりに挑戦している窯元です。ポーセリン(陶磁器)は手作りのため、色や形に個体差があります。

■KITOWA(キトワ)について
KITOWAは、伝統の和木天然オイルに、パフュームレベルのフレグランスを融合させた日本初のメゾンフレグランスとして2018年に誕生いたしました。KITOWAに使用されているヒノキ、ヒバ、クスノキは、その優れた耐用性から古来より建築物などに多用され、それらの凛とした存在感や安らぎに満ちた香りは我々日本人の生活に深く根差してきました。また、他国で分布されていることが少ないため、日本以外の人々にとって、これらの木々は馴染みのない存在でした。エキゾチックなリッチフレグランスとの組み合わせは、大胆かつ革新的で、世界に類のないユニークな香りです。私たちKITOWAは450年にわたる香の名跡をバックグラウンドに、日本の香文化を継承しながら、新しい時代の創造を行ってまいります。


■特徴
・トップパフューマーによる創香
芸術的なフレグランスを生み出す、パフューマー。目には見えない存在感のある香りを、高い技術と感性で創香 します。日本屈指のパフューマーが、和木からインスピレーションを得て珠玉のフレグランスをお届けします。
・上質な珠玉の香り
日本古来の和木「ヒノキ」「ヒバ」「クスノキ」の天然オイルをベースに、パフュームレベルの創香をしたリッチなファインフレグランス。凛として落ち着く和木の上質で奥深い香りは、珠玉の芳香です。
・シンメトリーな直線が織り成す美しいデザイン
シンプルなモノトーン調のデザインです。凛とした樹々がそびえる日本の林や森、木造建築物に見られる木組み格子を表現しています。左右対称に「木」という漢字、横から見ると「K」という文字が配列されております。

■KITOWA センティッドキャンドル ヒノキの仕様
・希望小売価格:1万円(税別)
・内容量:250g
・サイズ 箱:高さ95mm x 幅105mm x 奥行105mm 重量 約650g
容器:高さ87mm x 幅 87mm x 奥行87mm重量 約570g
・成分:植物ワックス、パラフィンワックス、香料 容器:磁器製 有田焼 224porcelain
・燃焼時間:約58時間


※発売中のKITOWA製品のラインアップ (価格は税別本体価格)
オードパルファム(2万円)、ポーセリンディフューザー(2万円)、ポーセリンディフューザーリフィル(7,000円)、リフレッシャーミスト(8,000円)、 バスエッセンス(5,000円)、インセンス(5,000円)、インセンスプレート(7,000円)、ポーセリンスティック(3,000円)



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。