タグ・ホイヤー名誉顧問ジャック・ホイヤーを讃える特別なカレラ クロノグラフを世界188本限定で発売

タグ・ホイヤー名誉顧問ジャック・ホイヤーを讃える特別なカレラ クロノグラフを世界188本限定で発売

タグ・ホイヤー名誉顧問ジャック・ホイヤーを讃える特別なカレラ クロノグラフを世界188本限定で発売の画像

スイスの高級時計ブランド タグ・ホイヤーは、創立者の曾孫であり、タグ・ホイヤーの前CEO、そして現在名誉顧問を務めるジャック・ホイヤーの88歳の誕生日を祝し、また先見者として160周年を迎えたブランドにもたらした貢献に敬意を表して、「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション」を発売しました。
https://tag.hr/carrera_JH88


ジャックの愛するアイコニックなヴィンテージ、ホイヤー カレラ (1158CHN)にインスパイアされた「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション」は、世界188本の限定モデルです。

左)1970年代 ホイヤー カレラ 1158CHN 右)タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション 198万5,000円(税抜)
1970 年代にジャックが幸運のしるしとして、フェラーリF1の伝説的なドライバー、ロニー・ピーターソンやニキ・ラウダ、クレイ・レガツォーニなどに贈った、ホイヤー カレラ(1158CHN)からインスパイアされています。

ケースバックにドライバーの名前と血液型がエングレーブされたホイヤー カレラ(1158CHN)は、とても珍しいコレクターアイテムであり、レーシング黄金期のシンボルともなりました。

今回発表された「タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション」は、ケースにジャックの愛する18Kローズゴールドを採用。ゴールドはその永久的な価値に加え、ジャックとタグ・ホイヤーとモータースポーツ、そして各時代の卓越したドライバーたちとの永遠の結びつきを体現しています。ダイヤルにはシルバーオパーリンを採用しの中央に2つの無限ループをアプライドで配し、彼がブランドに残した永遠の遺産を表現します。


ホイヤー カレラ (1158CHN)の初代モデルの審美性を忠実に再現したサンレイ加工サテン仕上げのサブダイヤルは3時位置と9時位置に配置しています。初代レーシング タイムピースと同じく、ブラックとのコントラストが美しく映えます。初代モデルにはなかった6時位置のカウンターは、トーンオントーンでダイヤルと優雅に融合します。アワーマーカーのサイズと完全に調和する針と新デザインの日付表示のシルエットは、クリーンで明白なダイヤルデザインを求めたジャックのビジョンとその審美眼が生み出した巧妙なディテールが採用されおり、タイムピースが醸し出す美しいバランスの総仕上げをしています。


パワーリザーブは約80時間を誇る自社製ムーブメント「ホイヤー02」を搭載しています。「ホイヤー02」は垂直クラッチ、コラムホイールを採用しコンポーネント総数168です。レザーストラップにはジャックのシグニチャーが施され、ケースバックから鑑賞できる自動巻ローターには、ジャック・ホイヤーがモットーにしている「Time never stops, why should we?(時間は止まらない、そして私たちも)」という言葉が刻まれています。ジャックの活発な思考や無限と思われるエネルギーを表現するとともに、タグ・ホイヤー カレラ コレクションが体現する永遠のセオリーを意味します。

タグ・ホイヤー 名誉顧問 ジャック・ホイヤー
<タグ・ホイヤー カレラ クロノグラフ ジャック・ホイヤー バースデーリミテッドエディション>


リファレンス : CBN2041.FC8306 198万5,000円(税抜)
自動巻き、キャリバー ホイヤー02 / 約80時間パワーリザーブ / ローズゴールド製ケース / シルバーサンレイダイヤル / ケース径42mm / 時、分、秒表示、クロノグラフ /ブラックアリゲーターストラップ / 世界限定188本
https://tag.hr/carrera_JH88

2020年11月19日オンラインブティックにてプレオーダー開始
2021年3月一般発売予定

www.tagheuer.com
Twitter: @TAGHeuerJapan , Facebook: @TAGHeuer , LINE: @tagheuer
https://tag.hr/pr



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。