ヴァージル・アブローが壮大なスケールで展開する機能的なファッションの実験「ルイ・ヴィトン 2054」に新作が登場

ヴァージル・アブローが壮大なスケールで展開する機能的なファッションの実験「ルイ・ヴィトン 2054」に新作が登場

ヴァージル・アブローが壮大なスケールで展開する機能的なファッションの実験「ルイ・ヴィトン 2054」に新作が登場の画像

ルイ・ヴィトンは、パフォーマンスとテクノロジーに特化した「ルイ・ヴィトン 2054」の新作を12月上旬に発売いたします。

メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローが壮大なスケールで展開する機能的なファッションの実験──「ルイ・ヴィトン 2054」コレクションの第2弾。パフォーマンスとテクノロジーに特化したラグジュアリーなライフスタイルを提案するため、2019年にスタートした本コレクションは、アーバンウエアとアクティブウエアを融合させ、順応性の高いベーシックでコンテンポラリーなワードローブを展開しています。第2弾となる「ルイ・ヴィトン 2054」では、明確なメッセージを発信──プロスキーヤーが使用するウエアの製法を用いた全天候に対応できるアイテムはさまざまなシーンに適応し、服の可能性をさらに広げます。ハイパーマテリアルで仕立てられたアイテムは、スキーを想わせる雪山から高原の森、そして湖へと、めまぐるしく変化する気候に順応します。


「ルイ・ヴィトン 2054」は、ナイロンの持つ未来的な雰囲気とエクストリームスポーツの世界観を融合したコレクションです。グリーンとブラックのプリントはナイトビジョンの明るさから、マルチカラーのパターンはサーモグラフィの色合いからインスパイアされたもの。パッド入りのジャケットとパンツを組み合わせたスキースーツは、撥水性と通気性を兼ね備え、日常の都会的なワードローブとしても着こなせる機能的なウェアです。それは、シェルのトラックスーツにも反映され、虹色の表面効果は、シルバーカラーのパッファージャケットとのコーディネートにマッチします。レザーのパーカーにあしらわれているのは質感を高める3Dパターン。気分や環境によってスタイルを変えることができるマルチジッパーを配し、多彩な着こなしが楽しめます。


コンプレッソモーフォシスの技法を用いてデザインしたシャツは、畳むとクロスボディバッグに。変形可能というメッセージは、伸縮性のある取外し可能なポケットを配した撥水性のバッグにも反映されています。本コレクションでは、鮮やかなカラーリングと反射効果のあるハイテク素材によりデザインされたブラックのスニーカー「LVランナー」も登場。

「ルイ・ヴィトン 2054」には、立体的な3Dのシグネチャーとクラシカルなモノグラム・モチーフがトロンプ・ルイユ(騙し絵風)にあしらわれ、鮮烈な存在感を放ちます。「ルイ・ヴィトン 2054」というコレクション名は、未来と進歩の象徴──メゾンが創業した1854年と現在の世紀を融合させ、創業から200年目を経てもワードローブに欠かせない存在でありたいという想いが込められています。

「ルイ・ヴィトン 2054」の新作は、一部のルイ・ヴィトン ストアおよび公式サイトwww.louisvuitton.com にて12月上旬より発売予定です。

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#louisvuitton



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。