伝統技術を用いた日本ならではの新たなラグジュアリーの形。寺西俊輔「アルルナータ」が伊勢丹新宿店に期間限定でオープン

伝統技術を用いた日本ならではの新たなラグジュアリーの形。寺西俊輔「アルルナータ」が伊勢丹新宿店に期間限定でオープン

記事画像

〈ARLNATA〉シャツコートお仕立て代7万7,000円から
伊勢丹新宿店では、《伝統技術の新たな価値を発信するプロジェクト》としてラグジュアリーブランドの元デザイナーの寺西俊輔氏が手掛ける<ARLNATA(アルルナータ)>が《伊勢丹新宿店 本館1階 プロモーション》に《2月20日〜3月2日》に期間限定でオープンします。自身のデザイナー兼パタンナーとしての実績と経験を活かし、約38cm×13mという着物生地の中で型紙を作成、和裁も手掛けるトップクラスの国内アトリエで丁寧に仕上げられた洋服は、伝統技術を用いた日本ならではの新たなラグジュアリーの形を提案するものです。

〈ARLNATA〉クラシックシャツお仕立て代4万4,000円から
〈ARLNATA〉ワンピースお仕立て代8万8,000円から
牛首紬生地(反物)25万3,000円から
会期中は、寺西氏が惚れ込んだ着物生地である「牛首紬」約80点を品揃え、きものへのお仕立はもちろんのこと、牛首紬の生地から寺西氏のデザインする洋服へのオーダー(メンズ4型、レディス4型)を承ります。またワンピースやニット、シャツなどのレディス・メンズ用プレタポルテも用意しており、すぐにご着用いただける春夏アイテムをご紹介します。

《ARLNATA》を立ち上げた"寺西俊輔氏"。過去にはラグジュアリーブランドのデザインも


京都大学建築学科卒業後、YOHJI YAMAMOTO入社。その後、イタリア・ミラノに渡りCAROL CHRISTIAN POELL、ZEGNA傘下のAGNONAで、経験を積んだ後、HERM?S入社、本国フランス・パリに移った寺西俊輔氏が2018年日本に帰国し立ち上げたプロジェクト<ARLNATA>。自身のデザイナー兼パタンナーとしての経験を活かし、約38cm×13mという着物生地から洋服を制作。石川県の伝統的工芸品である牛首紬(※)を中心に日本の様々な着物産地を渡り歩き、素材を発掘。その厳選した生地に、寺西氏のデザイン、そして世界トップクラスの技術を持つ国内のアトリエで丁寧に仕上げられた洋服を通して、伝統技術の新たな価値や、日本だからこそのラグジュアリーの在り方を提案している。
※牛首紬:石川県白山市白峰の白山の麓で800年以上の昔から伝承されている紬。二頭の蚕が共同で一個の繭を作り上げたものを「玉繭」と呼び、非常に稀少性が高い。その貴重な玉繭から作られる絹100%の着物生地。

《ARLNATA》誕生の背景

〈ARLNATA〉ロングコートお仕立て代19万8,000円から
ARLNATAは、「新た(ARATA)(ALATA)」と「あなた(ANATA)」を掛け合わした造語。ARLNATA に関わるあなた方一人一人と共に、この輪を育てて行きたいと言う意思を表している。パリの世界的なテキスタイルの展示会・プルミエールビジョンでシンプルに壁に掛けられていた日本の着物生地の色彩の豊かさに目を奪われ、その美しさに衝撃を受けたことをきっかけとして、受け継がれてきた大切なこの国の資産を現代のライフスタイルに合った形で発信し存続させていくための方法を探るプロジェクトとして、ARLNATAは誕生した。

<ARLNATA× 牛首紬 SPECIAL COLLECTION 1 in ISETAN 2021>
◆伊勢丹新宿店 本館1階 プロモーション
◆2021年2月20日(土)〜3月2日(火)
◆URL:https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/shops/kimono/kimono_1/shopnews_list/shopnews0122.html
*イベントの内容が都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。
*価格はお仕立て代になります。反物代が別途必要になります。
*すべて税込みです。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)