どこか懐かしく日本人の心の中にある「ふるさと」の心象風景。中島 潔の絵画展を銀座三越で開催

どこか懐かしく日本人の心の中にある「ふるさと」の心象風景。中島 潔の絵画展を銀座三越で開催

記事画像

銀座三越 本館7階 ギャラリーでは、2021年2月17日より『〜新しい風〜 中島 潔 絵画展 』を初めて開催します。本絵画展では、新作を含む直筆絵画と越前和紙を使用したレフグラフファイン版画を約30点の展示販売、直筆絵画・版画をお買い上げのお客さまに限り「直筆サイン色紙(落款入り)」のプレゼントを行います。どこか懐かしく、日本人の心の中にある「ふるさと」の心象風景であり、世代を超えてみる方をその世界観に引き込む魅力を持つ、中島潔氏の作品をぜひお楽しみください。

■会期:2月17日(水)から2月23日(火)※最終日午後6時まで
■会場:本館7階 ギャラリー

郷愁を誘う童

?中島 潔
「春の風」
レフグラフファイン版画(画寸30.2×43cm)16万5,000円(税込)


?中島 潔
「新しい風」
レフグラフファイン版画(画寸40.5×59.2cm)30万8,000円(税込)


?中島 潔
「早春の陽だまり」
ケント紙に水彩(49×71.5cm)352万円(税込)


?中島 潔
「ふるさとの小道」ケント紙に水彩(24.5×33.5cm)99万円(税込)

?中島 潔
「花の音色」レフグラフファイン版画(画寸46.3×32.8cm)19万8,000円(税込)

儚げな女性

?中島 潔
「モンサンミッシェル」
レフグラフファイン版画(画寸24.3×36.9cm)11万円(税込)

カレンダー・画集

?中島 潔
<カレンダー 表紙>

?中島 潔<カレンダー 中>

2021年カレンダー「新しい風」 1,320円(税込)

?中島 潔
画集「“今”を生きるーそして伝えたいこと」
2,860円(税込)

中島 潔氏 プロフィール


1943年、佐賀県生まれ。高校卒業後上京し独学で絵の勉強を続ける。広告会社に就職し、アートディレクターとして数々の賞を受賞。その後、フランス・パリの美術学校で絵を学んだ後独立しフリーになる。1982年、NHK「みんなのうた」のイメージ画を手掛け、1987年、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を『木霊みょうと』で受賞。2010年には、京都 清水寺成就院に46枚の襖絵を奉納図る。現在も全国各地で個展を開催。作品を発表し続けている。

会場概要
中島 潔 絵画展
会期:2021年2月17日(水)〜2月23日(火) ※最終日午後6時まで
会場:銀座三越 本館7階 ギャラリー
住所:東京都中央区銀座4-6-16
TEL:03-3562-1111(大代表)
営業時間:午前10時〜午後7時(会期中)
■https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza.html

※コロナウイルス感染拡大予防の観点から、ご入場を制限させていただく場合がございます。
※諸般の事情により、営業日・営業時間などが変更となる場合がございます。
詳しくは、銀座三越ホームページをご確認ください。
※本イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)