ナイキ×レディメイドのブレーザー MIDが発売、DIYをテーマに再構築されたデザイン

ナイキ×レディメイドのブレーザー MIDが発売、DIYをテーマに再構築されたデザイン

記事画像


ナイキ(NIKE)と、レディメイド(READYMADE)による、初のコラボレーションスニーカー「NIKE x READYMADE ブレーザー MID」が、2月27日より発売される。

ヴィンテージのファブリックなどをアップサイクルし、他に類をみない新たな価値をプロダクトに与えるレディメイドのクリエイション。今回発売される「NIKE x READYMADE ブレーザー MID」は、デザインの様々な部分に、そんなレディメイドのクリエイション理念が反映されている。

「NIKE x READYMADE ブレーザー MID」(1万7,500円)
カラー:ホワイト
「NIKE x READYMADE ブレーザー MID」(1万7,500円)
カラー:ブラック
本シューズの特徴的なソールは、アッパーとのバランスを考慮して何度も試行錯誤してデザインされたもので、ソールにボリュームをもたせるために粘土でサンプルを作成した結果、このような人の手の温かみが感じられるデザインに仕上がった。

また、ソールには、ナイキグラインド素材(製造過程から出るゴミになるはずだったスクラップ、販売できないものや古くなったスニーカーなどをリサイクルして作られた素材)を15%使用しているところもポイントだ。

その他にも、印象的なシューレース、デザインが考案された1971年当初のものをイメージした細く長いスウッシュ ロゴなど、レディメイドらしいディテールが取り入れられている。





レディメイドのデザイナー・細川雄太のバスケットボールへの情熱から実現した今回のコラボレーション。

本コラボについて、細川は次のように話している。

「DIY をテーマにブレーザーをいちから手作業で解体し、ブレーザー本来のDNA を壊さないように再構築しました。子供の頃から好きなバスケットボールというスポーツを象徴するようなクラシックなシューズをどこまで新しく生まれ変わらせられるか挑戦したかったのです」

「NIKE x READYMADE ブレーザー MID」は、SNKRS アプリ、NIKELAB MA5、ドーバーストリートマーケットギンザ(DSM GINZA)、レディメイドの正規取り扱い店にて発売予定。プロダクトの詳細は、SNKRS アプリにて。


>>その他のナイキの記事はこちらから


関連記事(外部サイト)