Ameri VINTAGEがフラグメント デザインとコラボ! 藤原ヒロシ作成のコラボグラフィックをプリント

Ameri VINTAGEがフラグメント デザインとコラボ! 藤原ヒロシ作成のコラボグラフィックをプリント

記事画像

「Ameri VINTAGE」と藤原ヒロシ氏が手掛ける「FRAGMENT DESIGN」とのコラボレーションアイテムが3月20日に発売いたします。「FRAGMENT DESIGN」とのコラボレーションは「Ameri VINTAGE」として初となります。


アイテムはブルゾン、Tシャツ(2型)、ワンピース、スカート、トートバッグの6型で、今回のコラボレーションの為に藤原ヒロシ氏が作成したオリジナルグラフィックとロゴが入った特別なアイテムです。また、トートバッグは「Ameri VINTAGE」×「FRAGMENT DESIGN」×「RAMIDAS」のトリプルコラボとなっています。

これらのアイテムを、Ameri VINTAGEが運営するYouTubeチャンネル「no rules for」でいち早くご紹介しています。今回「FRAGMENT DESIGN」とコラボに至った経緯や、藤原ヒロシ氏から頂いたコメントなどもご覧いただけますのでぜひチェックしてみてください。

■公式YouTubeチャンネル「no rules for」
<https://youtube.com/c/NORULESFOR>


■AMERI FRAGMENT BLOUSON 3万円
(サイズ:S・M、カラー:カーキ・ブラック)
リバーシブルで使用できるデザインなので、コーディネートに合わせた着用が可能です。藤原ヒロシ氏がAMERIのために作成した「AMERI FRGMT」ロゴをバックに刺繍しています。裏返した時のネームタグのデザインや、袖口のサテン素材にコードパイピングを施しているのもポイントです。


■AMERI FRAGMENT GEOMETRY TEE 1万円
(サイズ:F、カラー:ブルー・ブラック)
デイリーに使用しやすい、さらっとした着心地のカットソー。フロントには「AMERI FRGMT」のロゴがさりげなくプリントされており、藤原ヒロシ氏がAMERIのために作成したグラフィックをバック全面にプリントしています。


■AMERI FRAGMENT LOGO TEE 1万円
(サイズ:F、カラー:オフホワイト)
デイリーに使用しやすい、さらっとした着心地のカットソー。藤原ヒロシ氏がAMERIのために作成した総柄グラフィックをプリントしています。インパクトのある全面ロゴプリントはコーディネートの主役におすすめです。


■AMERI FRAGMENT LOGO DRESS 2万2,000円+tax
(サイズ:S・M、カラー:ホワイト)
「AMERI FRGMNT」のコラボグラフィックをプリントしたドレス。藤原ヒロシ氏がAMERIのために作成したロゴを全面プリントしています。ゆったりとしたカジュアルなドレスのデザインを引き立たせるグラフィックがポイントです。


■AMERI FRAGMENT 2WAY REVERSIBLE SKIRT 2万4,000円
(サイズ:S・M、カラー:ホワイト・ブラック)
表はシンプルなチノスカートになっており、エフロンファスナーに合わせたカジュアルなバックルがポイントです。ファスナーを開けて裏返すと藤原ヒロシ氏が手がけた、「AMERI FRGMT」のテキスタイルがプリントされたスカートに。


■AMERI FRGMENT TOTE BAG 1万6,000円+tax
AMERI×FARGMENT×RAMIDASのトリプルコラボバッグ。デイリーに使用しやすい、サイズ感と素材感がポイント。藤原ヒロシ氏がAMERIのために作成したオリジナルのグラフィックをプリントしました。

■発売日:3月20日(土)※ルミネ新宿店のみ3月1日(月)先行発売
■販売店舗:Ameri VINTAGE直営店、Ameri VINTAGE WEB STORE( https://amerivintage.co.jp/)

【AMERIブランドコンセプト】
Ameri VINTAGEは、“NO RULES FOR FASHION”をコンセプトに、完成度の高い、古くて価値のある「vintage」アイテムに最新のAMERI ORIGINALの商品をプラスすることによって、昔の価値ある物と最新の流行を融合した今までにないスタイルを提案しています。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)