自転車通勤者必見! WWS×サイクルベースあさひ×417EDIFICEのトリプルコラボで機能性セットアップが誕生

自転車通勤者必見! WWS×サイクルベースあさひ×417EDIFICEのトリプルコラボで機能性セットアップが誕生

記事画像

作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」(以下、WWS)を企画・販売する株式会社オアシススタイルウェア( 以下、オアシススタイルウェア )は、株式会社あさひが運営する自転車専門店「サイクルベースあさひ」、BAYCREW’S GROUPが展開する「417 EDIFICE(フォーワンセブン エディフィス)」と制作した自転車通勤者向け機能性セットアップ「WWS×417 for CYCLE BASE ASAHI JK」「WWS×417 for CYCLE BASE ASAHI PT」を2月23日から417EDIFICEの全店舗とオンラインサイトにて販売開始いたます。 (417EDIFICEオンラインサイト:https://baycrews.jp/item/detail/417/jacket/21010313000510)


作業着スーツ発祥のボーダレスウェアブランド「WWS」
「WWS」は、「Be Borderless」をブランドスローガンに、作業でも、オフィスワークでも、私服でも、季節やシーン問わず着用できる高機能かつシンプルなデザインを追求したボーダレスウエアです。独自開発の新素材「ultimex/アルティメックス」使用し、高機能(ストレッチ性、速乾・撥水、多収納、水洗い可、イージーケア)と、フォーマル要素を兼ね備え、時間・場所問わず着用できるニューノーマルなスタンダードブランドです。2020年は、毎日洗濯機で洗える点やストレッチが効いて動きやすい機能性がテレワークやウイルス感染対策としても注目。2020年第3四半期( 2020年 9月〜 2020年11月)売上は前年同期比600%越えと大注目の商品です。

WWS、サイクルベースあさひ・417EDIFICEとコロナ禍で増えた自転車通勤者に向けた機能性セットアップを開発!
2021年2月23日から417EDIFICE全店舗とオンラインサイトにて、サイクルベースあさひ・417EDIFICEとコラボ制作した自転車通勤者に向けた機能性セットアップを販売開始いたします。当商品は、独自開発の新素材「ultimex/アルティメックス」を使用し、ストレッチや撥水などの実用的な機能に加え、洗濯機洗いに対応したイージーケア仕様を実現。その機能的な生地に417 EDIFICEらしい都会的なデザイン、パターンを落とし込みました。今回、ジャケット内左右には、マスクとモバイルを別々に収納できるダブルポケット。左内ポケットには、脱着可能で視認性の高い赤色キーホルダーを搭載しています。また、脇の下には蒸れを防止し、温度調節も可能にするベンチレーション、パンツ裾裏にはチェーン巻き込み防止用のアジャスターボタン等、サイクルベースあさひ監修で自転車通勤ユーザーに嬉しいアレンジをふんだんに加えた新感覚セットアップに仕上げております。


お取り組みの背景
昨今、コロナ禍で「密」を避けて行動できる手段として自転車が注目されており、生活様式の変化から自転車通勤が通勤手段としてさらに定着するきっかけになると予想されています。今回のコラボでは、コロナという未曾有の社会問題、生活様式の急激な変化に対してお互いに何ができるかという問いから始まりました。サイクルベースあさひでは、お客様から寄せられた自転車通勤時の汗や雨への対策、衣類の傷みなど服装に関する悩みに対して、自転車通勤スタイルのさらなるトータルサポートを模索。417EDIFICEとしても、密になりやすい電車通勤を避け、快適に自転車通勤ができるセットアップをお求めになられるお客様が増加傾向にありました。そこで、動きやすく、毎日洗えることで感染対策に繋がり、自転車通勤着としても注目されているWWSと、サイクルベースの自転車分野や周辺環境のノウハウ、417EDIFICEのファッション業界の知見や店頭情報力を掛け合わせることで、自転車通勤時の服装に悩みを持つビジネスマンにベストなご提案ができると考え本コラボに至りました。今後もオアシススタイルウエアは、自転車通勤ユーザーをはじめ、あらゆるシーンで人々に機能性とデザイン性を提供し、作業効率性とモチベーション向上を追求してまいります。


WWS×417 for CYCLE BASE ASAHI セットアップ商品説明
商品名:WWS×417 for CYCLE BASE ASAHI JK、WWS×417 for CYCLE BASE ASAHI PT
価格:ジャケット¥17,800 (税抜) パンツ¥12,000(税抜)
カラー:ダークネイビー・チャコールグレー・ブラック・オリーブ
サイズ:S、M、L、XL
備考:下記画像はブラック




WWS×417 EDIFICE for CYCLE BASE ASAHIセットアップ特徴


抜群の収納力
ジャケット内左右には、携帯、マスクなどを別々に収納できるダブルポケットを装備。ノートやパスポート等、小物が収まります。左側のポケットは物を小分けにできるダブル仕様。


ベンチレーション
ジャケットには、脇の下にベンチレーションを搭載。蒸れを防止し、温度調節も可能に。


ジャケット内キーホルダー
ジャケットポケット内側に自転車のカギを取り付けることのできるリングを内蔵。脱着可能で、取り外しての持ち運びも可能。


付属の自転車ベルト
パンツ巻き込み防止のためのアンクルバンドが付属。夜は光るリフレクター仕様に。


自転車乗り用ビーカン
ベルトループ部分に自転車乗りには嬉しい脱着が簡単なDカンを装備。

販売店舗一覧
2月23日(火)から417EDIFICEオンラインサイト・417EDIFICE全10店舗にて販売開始。
オンラインサイト: https://baycrews.jp/item/detail/417/jacket/21010313000510
店舗情報:https://baycrews.jp/store/list?shop=0395

CYCLE BASE ASAHI/サイクルベースあさひ とは
全国に480店舗以上を展開する大型自転車専門店。「人生を彩る自転車ライフを いつも、いっしょに、いつまでも」を経営ビジョンに掲げ、お客様の自転車ライフのパートナーとして販売だけでなく修理などのアフターサービス、スポーツサイクルでのライドツアーや乗り方教室・安全教室の開催など多岐にわたり事業を展開。小売りならではの、お客様の声を生かしたオリジナル自転車、パーツ、ウェア等の企画開発には1995年以来長らく取り組んでおり、昨年2020年10月に通勤用オリジナル自転車ブランド「オフィスプレス」から初の電動モデル「オフィスプレスe」を発売するなど、コロナ禍で高まる自転車需要に対応する様々な取り組みも行っています。通勤シーンでの実用性、高性能アシスト設計による快適性を持ちつつ、スーツ姿のフォーマルさを損なわないスタイリッシュなデザインで持つ喜びを感じられる1台で、ビジネスパーソンの通勤時間を豊かな時間へ変えることができます。
(右写真:初の電動モデル「オフィスプレスe」)


417 EDIFICE/フォーワンセブン エディフィス とは
「FRENCH PREPPY」をテーマに、若々しく自由な感性で気崩すフレンチトラッド。フレンチトラッドをベースにフレンチスタイル特有の上品さと、トレンドを加味した現代的なリアルクローズなリアルクローズをフェアプライスで提案。「トラディショナル」マインドをベースに“MARINE/MILITARY/WORK/SPORT”から派生したデイリーウェアが充実したブランドです。

WWS/ダブリューダブリューエス とは
WWSは、「Be Borderless」をブランドスローガンに、作業でも、オフィスワークでも、私服でも、季節やシーン問わず着用できる高機能かつシンプルなデザインを追求したボーダレスウェアです。独自開発の新素材「ultimex/アルティメックス」を用い、高機能性(ストレッチ性、速乾・撥水、多収納、水洗い可、イージーケア)と、フォーマル要素を兼ね備え、場所・時間を問わず着用できる商品をお客様にお届けするニューノーマルなスタンダードブランドです。




企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)