藤原ヒロシのフラグメントがプロデュースしたヤンマーの新クルーザー「X47FRGMT」限定発売

藤原ヒロシのフラグメントがプロデュースしたヤンマーの新クルーザー「X47FRGMT」限定発売

記事画像

ヤンマーホールディングス株式会社は、フラッグシップモデル「X47 EXPRESS CRUISER」をベースに、藤原ヒロシ氏率いる「フラグメント(fragment design)」がプロデュースした限定モデル「X47FRGMT」を発売します。

ヤンマーとfragment designの協業によるX47FRGMT
ベースとなる「X47 EXPRESS CRUISER」のデザインを手掛けたのは、世界的工業デザイナーでヤンマーホールディングス取締役の奥山清行です。自然光が差し込むリビングスペース、2つのスイートキャビン、ラウンジ、 キッチンを備えた同モデルの船体は、パワーボートのシャープさとクルーザーのエレガンスが融合したユニークなもので、イタリアのAzimut社の高いFRP製造技術を活用して生産されます。

「fragment design」が手掛けたプロジェクトの中で最大サイズとなる「X47FRGMT」には、洋上を40ノットで走るクルーザーの空間効率、重量、安全性といった多くの制約が存在しましたが、「ヤンマー」と「fragment design」の両社から構成されるプロジェクトメンバーは徹底的に議論を交わし、素材選びに至るまで細部にこだわり抜くことで、ユニークで魅力的な空間を生み出しました。

最先端の技術が詰まったクルーザーのラウンジはヴィンテージのカーペットで敷き詰められ、これまでの常識にはない、アウトデッキからキャビンにかけてベンチシートを配置するという独創的なアイデアを採用しました。「X47FRGMT」のあたかも自宅でホームパーティーをするように寛げる空間は、マリンライフの新しいスタイルを提案します。

X47FRGMT特設サイト:https://x47frgmt.com/
YANMAR X47スペシャルサイト:https://www.yanmar.com/jp/about/x47/

<ヤンマーについて>
1912年に大阪で創業したヤンマーは、1933年に世界で初めてディーゼルエンジンの小型実用化に成功した産業機械メーカーです。「大地」「海」「都市」のフィールドで、産業用エンジンを軸に、アグリ、建機、マリン、エネルギーシステムなどの事業をグローバルに展開し、お客様の課題を解決するソリューションを提供しています。ヤンマーは“A SUSTAINABLE FUTURE-テクノロジーで、新しい豊かさへ。-”をブランドステートメントに掲げ、次の100年へ向けて持続可能な社会の実現に貢献していきます。

<藤原ヒロシ氏>
80年代よりクラブDJを始め、85年にTINNIE PUNXを高木完とともに結成し、日本のヒップホップ黎明期にダイナミックに活動。90年代からはファッションやカルチャーの分野でもその才能を発揮し、現代のデザインカルチャーに大きな影響を及ぼす存在に。 ルイ・ヴィトンとモンクレールとの大成功を収めたコラボレーションや、ナイキ、BVLGARI、タグホイヤーとの仕事においてもパンク、ヒップホップ、スケートといったストリートの美学を洗練させながら純粋なラグジュアリネスへと昇華させている。



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

関連記事(外部サイト)