二階俊博元幹事長が衆議院定数『10増10減』を批判 ネット上で二階氏への怒りの声

記事まとめ

  • 二階俊博元幹事長がラジオ番組に出演し、衆議院定数の『10増10減』を批判した
  • 和歌山県は定数が3から1減となり、二階氏の息子の死活問題に直結しかねないという
  • ネット上では「改善を求める声が強い文通費問題にも手を付けるべき」との声も出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております