「伊豆半島東方沖」「山梨県東部・富士五湖」…相次ぐ地震で「富士山噴火」に専門家が注目

専門家「富士山の噴火は宝永の大噴火が最後で、いま起きてもおかしくない」と警鐘

記事まとめ

  • 南海トラフや首都直下型地震などが懸念されているが、専門家は富士山の噴火にも注目
  • 地震学の島村英紀氏は「富士山の噴火は、いま起きてもおかしくない」と警鐘を鳴らす
  • 1月26日には東京23区、28日には東京湾を震源とした有感地震などが相次いでいる

「伊豆半島東方沖」「山梨県東部・富士五湖」…相次ぐ地震で「富士山噴火」に専門家が注目


(山中湖から富士山を望む)

 2月9日17時42分、伊豆半島東方沖で最大震度2(M4.9)の地震が発生した。東京・千代田区、練馬区や千葉・市川市、神奈川県川崎区などで揺れが起きた。近年は南海トラフ地震や首都直下型地震などが懸念されるが、専門家は富士山の噴火にも注目している。

 今月3日には山梨県東部・富士五湖で最大震度3(M4.3)、1月30日にも山梨県東部・富士五湖(M2.5)で地震が発生していたからだ。「完全解説 日本の火山噴火」の著書もある武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏(地震学)が言う。

「富士山の噴火は、1707年の宝永の大噴火が最後で、いま起きてもおかしくない。富士五湖は噴火によってできた湖ですから、異常が付近で起きるのは噴火のバロメーターにもなる。伊豆半島を震源とする地震も同じ。約300年分のエネルギーが放出される分、被害は大きくなる可能性があるので注意が必要です」

 首都圏は今年に入ってから地震が相次いでいる。1月26日には東京都23区(M2.6)、同28日には東京湾(M4.8)を震源として有感地震が起きた。歴史上、富士山噴火も必ず起きている。日頃から防災意識は忘れずにいたい。

関連記事(外部サイト)

  • 29

    先生はもうご高齢ですから、最後に研究者として富士山の噴火は観測したいなどとはお考えかもしれませんが、大災害ではなるようにしかならないと達観しておられる可能性は大です ⇒ 28さん

  • 28

    この先生がどこに住んでいてどんな備えをしているかまで聞いてこなきゃダメだろ

  • 27

    樹海、富士五湖できた大噴火が1000年前、宝永山が300年前 毎年言ってりゃ1000年ぐらいで予言成功するかな ところで富士山腹では毎年噴気が出ていることはなぜ報道しないの?

すべてのコメントを読む