太平洋セメントvs日本板硝子 インフラ整備を担う大手を比較【ライバル企業の生涯給与】

太平洋セメントvs日本板硝子 インフラ整備を担う大手を比較【ライバル企業の生涯給与】

太平洋セメントと日本板硝子(C)共同通信社

【ライバル企業の生涯給与】

 台風、地震、洪水――自然災害の猛威は強まるばかりです。昨年も台風15号、19号が日本列島を襲い、多大な被害をもたらしました。防災の観点からも意識は高まっています。今回はインフラ整備を担う「太平洋セメント」と「日本板硝子」の社員待遇を比較してみます。

 会社四季報(東洋経済)には業種別の項目がありますが、両社とも「ガラス・土石製品」に分類されています。

 太平洋セメントは1998年に秩父小野田と日本セメントが合併して発足しました。セメントメーカー首位で、東京・台場に本社があります。生産拠点は国内9、中国3、ベトナムとフィリピンに1(2019年12月時点)。セメント事業のほかに建材・建築事業、資源事業などを手掛けています。

 日本板硝子は住友グループに属しています。建築・自動車用ガラス、ガラス加工品、高機能ガラス製品分野で世界最大級のメーカーの一社です。製品の販売は100カ国以上にわたっています。

 業績はどうでしょうか。前期(19年3月期)を見ると、売上高(単体)は太平洋セメントが3295億円で、日本板硝子は1118億円でした。経常利益は273億円と87億円となっています。

 有価証券報告書によると、社員の平均年収は太平洋セメントが737万7000円、日本板硝子は792万5000円。ピーク時となる50歳の推定年収は853万円と819万円です。

 生涯給与はこうなります。

▽太平洋セメント…2億7187万円
▽日本板硝子…2億6626万円

 両社の社員がこの収入に応じた平均的な支出を続けた場合、65歳時の推定資産(貯蓄可能額)は太平洋セメント社員が7132万円、日本板硝子社員は6829万円となります。どちらも安定した老後が待っているといえそうです。

(データ提供=Milize)

関連記事(外部サイト)