アフターコロナのサラリーマン生活は激変も 日立製作所や富士通は在宅勤務を定着へ

記事まとめ

  • 日立製作所は在宅勤務を定着させ、21年に「在宅勤務50%」を目指す方針を掲げた
  • 富士通は、在宅勤務を基本とし、職場への出勤者を当面75%削減することを決めた
  • 経団連の中西宏明会長は25日の記者会見で、事業変革も検討するよう産業界に促した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております