株高バブル崩壊のトリガー「アメリカの金利上昇」に要注意

株高バブル崩壊のトリガー「アメリカの金利上昇」に要注意

1990年8月以来の高値水準(C)日刊ゲンダイ

どこまで上がるのか。日経平均株価が連日、バブル崩壊後の高値を更新している。9日も前日比117円43銭上昇し、終値は2万9505円93銭だった。1990年8月以来の高値水準となっている。2月に入ってから1700円以上も値上がりしている。異常な上がり方だ。

 株式市場は完全にバブル化している。内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、景気の現状判断指数は31.2と、3カ月連続悪化し、2020年5月以来の低水準に沈んでいる。街角景気は「2番底」が鮮明になっている。それでも投資家は、株を買い漁っている状況だ。

「株価が上昇している理由は単純。カネ余りです。コロナ対策のために世界各国がカネをばらまき、それが投機マネーとなって株式市場に流れ込んでいる。さすがに市場も、この株高には“高所恐怖症”となっています。でも、無理やり買い材料を見つけては、株を買っている。まさにバブルです。バブルの絶頂だった1989年に似てきた。異様なのは、業績のいいソニー株が売られていることです。冷静な投資家は、ここが売り時と判断しているのでしょう。実際、買うべき株はすでに買われて高くなり、出遅れ株が根拠が薄いまま買われている状況です」(経済評論家・斎藤満氏)

 この株高バブルは、いつまで続くのか。なにがきっかけとなって崩壊するのか。

「89年の株高は、日銀が金利を上げたためバブルが崩壊しました。でも、今回、日銀がブレーキをかけることはないでしょう。資金を流し続けると思う。バブル崩壊のトリガーになるのは、アメリカの長期金利かもしれない。コロナ禍が収束すると、アメリカは一気に好景気になると予測されています。その時、インフレが懸念され、長期金利が上昇する可能性がある。すでにアメリカの10年債の金利は、昨年夏には0.5%だったのに、1.18%までハネ上がっています。長期金利が上昇したらNYダウが下落し、日本株もバブルが崩壊する恐れがあります」(斎藤満氏)

 うかつに株式市場に手を出すと大やけどしかねない。

関連記事(外部サイト)