藤田田、竹中平蔵、原田泳幸というのがマクドナルドの味か【佐高信「この国の会社」】

藤田田、竹中平蔵、原田泳幸というのがマクドナルドの味か【佐高信「この国の会社」】

株式を上場し登録証を受け取る藤田田社長(右・2001年当時)/(C)共同通信杯

【佐高信「この国の会社」】日本マクドナルド

 思わぬ形でマクドナルドの名前がクローズアップされた。元社長の原田泳幸が妻で歌手の谷村有美さんをゴルフクラブで殴り、逮捕されたというのである。原田は2004年に社長になるや、無料キャンペーンをやったり、100円マックをヒットさせたりした。それが”原田マジック”などと言われ、さすがはプロ経営者などと持ち上げられたのだが、しょせんはリストラ経営なのである。2013年に追われるようにベネッセに移り、現在はタピオカなどの販売をするゴンチャジャパンの会長兼社長。

「人もうらやむセレブ夫妻」に苦難が訪れることはまちがいない。

 1971年に日本マクドナルドを設立した藤田田は東大法学部卒のエリートだったが、「授業料が安かったから」東大に行ったと言い、「国民の税金で勉強させてもらって卒業すると役人になる。資本主義の世界でこんなバカげた話はない」と主張し、「マクドナルドのハンバーガーは、アメリカの本社がコンピューターを駆使して、世界のあらゆる民族がうまいと感じるようにつくったもので、あれをまずいと感じるのは、チンパンジーかゴリラしかいない」と豪語する、いささかならずイヤミな男だった。

 あるシンポジウムで一緒になり、マクドナルドは日本人の身体と思想を革命的に変えるなどと言うので、肉食が多くなれば痛風も増えますよと返したこともある。

 この藤田にうまくすりよったのが竹中平蔵だった。竹中がどれだけ食べているか知らないが、「これからはハンバーガーの時代だ」などと強調し、嬉しくなった藤田は竹中を、フジタ未来経営研究所の理事長にした。そして、日本マクドナルドの未公開株も竹中に譲渡したのである。それで私は竹中に”マック竹中”というニックネームを進呈したのだが、彼はそれを喜んでいないらしい。マック竹中に今度はバッティング原田も加わったわけだが、これもマクドナルドの味と言うべきか。(一部、敬称略)

(佐高信/評論家)

関連記事(外部サイト)