「円安」はどこまで進む…ワクチン購入が加速の原因か?

「円安」はどこまで進む…ワクチン購入が加速の原因か?

ワクチン輸入によって円安は進む?(C)共同通信社

「円安」が進んでいる。対ドルだけでなく“円全面安”の様相だ。

 先週17日の外国為替市場で円は1ドル=106円台前半と5カ月ぶりの円安・ドル高水準となり、対ユーロでも1ユーロ=128円台半ばと2年2カ月ぶりの円安水準をつけた。英ポンドに対しても1ポンド=147円台半ばと1年2カ月ぶり、豪ドルでも1豪ドル=82円台前半と2年2カ月ぶりの円安となった。

 足元も、1ドル=105円台、1ユーロ=127円台となっている。

 市場では、新型コロナウイルスのワクチンを輸入するため「円安」が加速したとみられている。17日付の日経新聞も「ワクチン調達、円安の思惑」と報じている。日本政府は、米ファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナから、ワクチンを購入する契約を結んでいる。日経新聞は、この3社に支払う金額を3000億〜4000億円規模と試算している。外国企業に費用を外貨で支払うため円を売る必要があり、円安が進むという解説である。ワクチン輸入によって円安は進むのか。どこまで下げる可能性があるのか。

「新型コロナワクチンは、あと数年、打ち続ける必要がありそうです。毎年、数千億円分、輸入しなくてはいけないかもしれない。現在、日本の輸入額は年間70兆円ほど。新たに数千億円の外貨が必要となれば、円安要因になっておかしくありません。ただ、足元の円安は、アメリカをはじめ海外で金利が上昇したことも大きいでしょう。円安の下限は、1ドル=125円がメドではないか。オバマ政権の時、125円まで円安が進んでいます」(経済評論家・斎藤満氏)

 問題は、円安が日本経済に与える影響である。

「輸出がメインの大企業にとって円安は追い風です。黙っていても利益が上がりますからね。だから、菅政権は1ドル=120円、130円となっても円安を放置するはずです。しかし、輸入物価が上がるので、消費者、個人にはマイナスです」(斎藤満氏)

 為替を考えても、国産ワクチンの開発を急いだ方がいいのではないか。

関連記事(外部サイト)