住んでみたいと思う東京23区ランキング

住んでみたいと思う東京23区ランキング

住んでみたいと思う東京23区ランキング

特別地方公共団体の一種として、市に準ずる扱いを受けている東京23区。高層ビルが建ち並ぶビジネス街から日本有数の繁華街、情緒あふれる下町まで、いずれの区にもそれぞれ独自の魅力がありますよね。
そこで今回は、多くの人が住んでみたいと思っている東京23区はどこなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 目黒区
2位 世田谷区
1位 ???
⇒全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は「港区」!


1947年に東京府東京市(現・東京都)の芝区、麻布区、赤坂区の3区が合併して誕生した「港区」。古くから幕末外交や明治維新の拠点、文明開化における鉄道やガスなどの発祥地として発展してきた、歴史的にも重要な地域です。
東を東京湾に面し、陸海空の交通網が集約する情報発信地でもある同区。新橋や虎ノ門など日本有数のビジネス街がある芝地区や、芸能人も数多く訪れる繁華街の赤坂地区など、個性的な五つの地区を有している点も魅力ですね。
訪れる地区によって全く異なる別の顔を見せてくれる、近代性と伝統性を兼ね備えた港区が、1位となりました。

2位は「世田谷区」!


1932年に東京府荏原郡の世田ケ谷町と駒沢町、玉川村、松沢村が合併して誕生した「世田谷区」。23区の西南端に位置する同区は、豊かな自然に恵まれ、閑静な住宅地と活気あふれる商業地、文化施設が共存する人気のエリアです。
23区で最も多い人口を有しながら人口密度は比較的低い同区。区内を走る七つの鉄道路線や南北を通る環状線、東西を通る国道など出かける際のアクセス手段も豊富で、便利で住みやすいというイメージを持つ人は多そうですね。
23区唯一の渓谷を有し、国分寺崖線周辺に多くの樹林や湧き水も残されている緑豊かな世田谷区が、2位となりました。

3位は「目黒区」!


1932年に東京府荏原郡の目黒町と碑衾町が合併して誕生した「目黒区」。23区の南西部に位置するこの区は、かつて江戸へ生鮮野菜を供給する近郊農村として発展し、明治以降に進んだ市街地化を経て現在の姿となりました。
武蔵野台地と、区内を流れる目黒川と呑川による谷地が織りなす起伏に富んだ地形が特徴の同区。碑文谷や柿の木坂、青葉台など高級住宅地が多く、おしゃれなショップやカフェが建ち並ぶ中目黒も人気のエリアとなっています。
重要文化財の旧前田家本邸など歴史的な建造物や大学が多く、歴史と文化の薫り漂う目黒区が、3位となりました。

いずれ劣らぬ魅力を備えた23区が上位を争った今回のランキング。気になる4位〜23位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが住んでみたいと思う東京23区は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
投票合計数:有効回答者数:500名(20〜40代男女:複数回答)
調査期間:2022年1月31日〜2022年1月31日

関連記事(外部サイト)