今注目の「Prime Video 日本映画」 Amazon売れ筋ランキング(2022年4月7日17時00分更新分)

今注目の「Prime Video 日本映画」 Amazon売れ筋ランキング(2022年4月7日17時00分更新分)

今注目の「Prime Video 日本映画」 Amazon売れ筋ランキング(2022年4月7日17時00分更新分)

世界有数のショッピングサイト「Amazon」でどんな商品が売れているのか、gooランキングが独自に調査。今回は今最も売れている「Prime Video 日本映画」はどのタイトルなのか、注目してみました。

※ランキング結果は2022年4月7日17時00分時点のものです



1位は『そして、バトンは渡された』!


本屋大賞受賞の小説を実写化。永野芽郁主演、田中圭、石原さとみ共演で2021年10月に公開された、血の繋がらない父と娘、そして血の繋がらない母と娘の物語。

2位は『花束みたいな恋をした』!


2021年1月に菅田将暉と有村架純のダブル主演で公開されたオリジナル脚本の恋愛映画。終電を逃した男女が出会い、恋をして、同棲を始めるが…。

3位は『劇場版 ルパンの娘』!


横関大の小説を原作に、代々の泥棒一家に生まれた娘の運命を描いた作品。深田恭子主演で2019年と2020年にテレビドラマ化、2021年10月に劇場版が公開された。

4位は『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』!


2010年から放送された平成仮面ライダーシリーズ第12作『仮面ライダーオーズ』の、オリジナルのキャスト・スタッフが再集結し、10年ぶりに制作されたVシネマ作品。

5位は『CUBE 一度入ったら、最後』!


菅田将暉主演で2021年公開の作品。ある日、目覚めると謎の立方体の中にいた何の接点もない男女6人。数々の殺人的なトラップが仕掛けられた立方体から脱出できるのか。

ということで、2021年10月に公開された『そして、バトンは渡された』が1位にランク・インした「Prime Video 日本映画」の売れ筋ランキングを見てきました。

みなさんが興味を持ったタイトルはありましたでしょうか?

調査方法:gooランキング編集部がAmazon.co.jpの検索結果に基づいたデータを使用して作成しています。順位や価格は記事制作時のものであり、変更になる場合があります。また、色などのバリエーションにより価格が異なる場合があります。
調査時間:2022年4月7日17時00分

関連記事(外部サイト)