「馬大頭」これ読める?読めたらすごい難読虫ランキング

「馬大頭」これ読める?読めたらすごい難読虫ランキング

「馬大頭」これ読める?読めたらすごい難読虫ランキング

「オニヤンマの漢字は?」「最初は鬼…?」「ヤンマは?」

皆さん虫はお好きですか?筆者は死ぬほど苦手です。
日本だけでも数万種類の虫がおり、世界に至っては数千万以上の種類がいると言われ地球上の生物の7割を占めていると考えられています。

そんな虫ですが、日本で昔から親しまれてきた(?)ものには漢字の名前がついてるものもおり、「蝉」とか「蜂」とかが有名ですね。
今回はそんな虫の中でも特に「漢字で書くと読めなくなる虫」を調査・ランキングにしてみましたのでご覧ください。

1位 壁蝨(ダニ)
2位 馬大頭(オニヤンマ)
3位 孑孑(ボウフラ)
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は害虫でお馴染みの「壁蝨(ダニ)」!


ほとんどの種が体長1mm以下の害虫、「ダニ」が堂々の1位に輝きました。
クモの仲間で非常に種類が多く、布団や衣類、あるいはアレルギーや皮膚に害をもたらすことで知られる結構な嫌われ者。

ほとんどの種類が人間の生活環境に関わるものではないのですが、ダニのフンや死骸はアレルギーの原因になり、農作物に寄生し枯らすことから害虫として扱われています。
最近では、北海道でマダニにかまれ「ダニ媒介脳炎」を発症し死亡したケースも報じられておりますので、森や山に赴く際は十分にご注意ください。

2位は「馬大頭(オニヤンマ)」!


馬大頭または鬼蜻?と書かれ、トンボの王様でお馴染みの「オニヤンマ」が2位にランク・インしました。
日本全国に広く分布し、目の前で指をクルクルさせるとなぜか捕まえやすい事が知られていますが、どうやらそれに引っかかるのはほとんどがオスで、メスは逃げてしまうそうです。

3位は「孑孑(ボウフラ)」!


蚊の幼虫で水たまりや水田で見る事ができる「ボウフラ」が3位にランク・イン。
全身を使って棒を振るような泳ぎをすることからボウフラと呼ばれているそうですが、その可愛い呼び名とは裏腹に成虫の蚊は人類にとって最も有害な害虫として世界中で知られています。

いかがでしたか?
筆者はランキングのTOP15が全くわからず、また40種中21種類をかろうじて読めるに止まりました…難しすぎます。

今回は「読めたらすごい難読虫ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜40位のランキング結果もぜひご覧ください!

(執筆:Hikaru Sano)

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年8月24日〜2016年8月29日

関連記事(外部サイト)