日本一可愛い!市の名前ランキング 2位南アルプス市

日本一可愛い!市の名前ランク 1位は栃木県のさくら市、2位は山梨県の南アルプス市

記事まとめ

  • アンケートを実施し「日本一可愛い!市の名前ランキング」を紹介している
  • 栃木県の氏家町と喜連川町が新設合併してできた市名「さくら市」が堂々の1位に
  • なぜかヨーロッパの山脈名を名乗る、山梨県の「南アルプス市」が2位を獲得した

日本一可愛い!市の名前ランキング 2位南アルプス市

日本一可愛い!市の名前ランキング 2位南アルプス市

日本一可愛い!市の名前ランキング 2位南アルプス市

皆さんは自分の住んでいる町の名前に、「綺麗」とか「可愛い」といった印象を持った事はありますか?
一般に市の名前にそんな感想を持つ事はなかなか無いと思うんですが、一部では可愛いと言われている市名もあるとかないとか。

そこで今回は「可愛い市の名前」をアンケート、ランキングにしてみました。
一番可愛いと思われている市は、いったいどこの市だったのでしょうか?

1位 さくら市
2位 南アルプス市
3位 うるま市
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「さくら市」!


2005年に栃木県の氏家町と喜連川町が新設合併してできた市名、「さくら市」が堂々の1位に輝きました。
同地域には桜の名所が多く、「桜の花のように美しい市になってほしい」という願いからこの市名がつけられたそうです。
ただ音感が千葉県の佐倉市と同じため、間違われないように便宜的に「氏家」「喜連川」と呼ぶ人も少なくないんだとか。

2位は「南アルプス市」!


日本の市名なのになぜかヨーロッパの山脈名を名乗る、山梨県の「南アルプス市」が2位を獲得しました。
赤石山脈を俗に「南アルプス」と呼ぶ事から考えられたこの市名、実は英語表記だと「Minami-Alps City」とローマ字表記と英語がごっちゃになってしまっています。

3位は「うるま市」!


2005年に沖縄県の2市2町が新設合併してできた市名、「うるま市」が3位にランク・インしました。
具志川市、石川市、中頭郡勝連町、与那城町の4つが合併された市で、由来は古い沖縄方言の「サンゴの島(ウルマ)」から取り、方言をそのまま市名に採用した珍しい例なんだそうです。

いかがでしたか?
「南アルプス市」の表記なんですが、「Minami-Arupusu」とか「South-Alps」とか統一した表記にはできなかったんですかね…?

今回は「日本一可愛い!市の名前ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜53位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年5月15日〜2017年5月19日

関連記事(外部サイト)