ドン引き!?やりすぎ女子の「紫外線対策の実態」ランキング

ドン引き!?やりすぎ女子の「紫外線対策の実態」ランキング

ドン引き!?やりすぎ女子の「紫外線対策の実態」ランキング

紫外線の気になる季節になりましたが、皆さん紫外線対策はしっかりしていますか?
特に女性にとっては肌のアレコレなど重要な問題として取り上げられますが、中には女性から見ても「やりすぎ」な紫外線対策もあるんだとか。

そこで今回は「やりすぎ女子の紫外線対策の実態」をアンケート、ランキングにしてみました。
女子も驚くやりすぎな紫外線対策とは、どのようなものだったのでしょうか?

1位 女優かな?と疑うほどの巨大なつばの帽子にサングラスを装着している
2位 日焼け止めを塗りすぎて顔が白浮きしている
3位 人ごみでも日傘を閉じず、周りの人を刺してしまう
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「女優かな?と疑うほどの巨大なつばの帽子にサングラスを装着している」!


昭和のリゾートポスターを思わせるほどの風貌にビックリさせられる、「女優かな?と疑うほどの巨大なつばの帽子にサングラスを装着している」が堂々の1位に輝きました。
巨大なつばの帽子の時点で既にアレなのですが、追加でサングラスやマスクをしている女性もいるそうで、ぱっと見はお忍び女優そのもの。
ただ現代の日本はアスファルトでの舗装やビルからの照り返しが多く、顔への紫外線対策をガチで考えるなら帽子のつばを大きくした所で然程効果を感じられないんですけどね。

2位は「日焼け止めを塗りすぎて顔が白浮きしている」!


顔の日焼けに敏感すぎる女子にありがちな「日焼け止めを塗りすぎて顔が白浮きしている」が2位を獲得しました。
特に顔の日焼けを防止するために日焼け止めを何重にも塗っており、やけに顔が白くなってしまっているようです。

3位は「人ごみでも日傘を閉じず、周りの人を刺してしまう」!


ただただ大迷惑極まりない、「人ごみでも日傘を閉じず、周りの人を刺してしまう」が3位にランク・インしました。
1位の時にも述べましたが照り返しの関係で上からの紫外線だけ防御しても意味無いので、人に迷惑かけてでも紫外線をどうにかしたい人は家から出ない事をオススメします。

いかがでしたか?
筆者はノースリーブ+アームカバーといった格好の女性を見るたびに、「その隙間の露出は問題無いんですか?」と言いたくなってしまいます。

今回は「ドン引き!?やりすぎ女子の紫外線対策の実態ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜27位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2017年5月15日〜2017年5月19日

関連記事(外部サイト)