イギリスの大学がコーヒー摂取量は特定の遺伝子が決めている可能性が高いと発表

記事まとめ

  • コーヒーの摂取量はカフェインの代謝に関連する遺伝子が決めている可能性が高いという
  • PDSS2という遺伝子変異体を持つ人は持たない人より1日1杯分飲む量が少なかった
  • コーヒーを飲みたいという欲求は遺伝子に組み込まれている可能性が高いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております