アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅い(shutterstock.com)

 「青春のシンボル」ともいわれるニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡(英:Acne vulgaris)」、りっぱな皮膚疾患のひとつである。

 このニキビがやたらと描かれる有名な小説が芥川龍之介の『羅生門』。それは「若さ」や「良心」の象徴とも、「迷い」や「躊躇」の暗示とも、さまざまに解釈されてきた。

 しかし、実際に自分が思春期だった頃、この皮膚疾患に大いに悩まされた向きには「未解決な人生課題」という解釈が最も腑に落ちるかもしれない。

 どんなに親兄弟たちから「時期が来れば自然に治る」「気にすんな」と慰められても、青春まっ盛りの鏡に映るお肌の現実はそれくらい、当人には深刻だったはずだから......。

 でも、そんなほろ苦い記憶も忘れるくらいの年月が流れ、今度は自分がニキビ青少年らを慰める立場の年齢になってみたら、「思わぬ朗報」が待っていた。

 今回紹介する最新の知見は、そんなニキビOB&OGにとっては「歳月の贈り物」とも呼べるお肌の情報である。

皮膚の老化をめぐる明暗

 なんでも思春期にニキビで悩んだ経験の持ち主は、ニキビがなかった人たちに比べて「皮膚の老化」がゆるやかである可能性が示唆されたというのだ。

 いつかのニキビ青年たちが思わず喝采をおくりそうな話題の知見は、『Journal of Investigative Dermotology』(オンライン版9月28日付)で掲載された。

 研究の音頭取りをしたのは英キングス・カレッジ・ロンドン双生児研究・遺伝免疫学部の皮膚科医、Simone Ribero氏。

 同氏によれば、ニキビ経験者の皮膚が全くニキビのできなかった人の皮膚に比べて老化が遅いということ自体は、「長年、皮膚科医の間では知られてきた」知見なんだとか。

 「ところが、われわれ臨床の場ではこうした所見が認められていたにもかかわらず、その原因自体はこれまで明らかにされてこなかったわけです」(Ribero氏)

 前述のごとく、同氏の職業は双生児研究者にして遺伝免疫学部の皮膚科医である。そんな専門分野の立場から、今回の相関研究でも1200組を超える双生児たちが対象に選ばれ、そのうちの4分の1に相当する被験者が、生涯のいずれかの時点で、ニキビに悩まされてきたOB&OGだった。
「テロメア」の長さが老化を遅らせる

 「解析の結果、ニキビ体験者のほうが老化が遅い原因には、『テロメアの長さ』が関連してる可能性が示唆されました。それによって、ニキビ経験者の細胞は老化から保護されていると考えられるわけです」(Ribero氏)

 ギリシア語で「末端」の意を語源とする「テロメア(英:telomere)」は、染色体の末端部に存在するキャップのようなもので、染色体の複製時に染色体の劣化から保護する役目を有している。

 数十兆とされる人体内の細胞は絶えず分裂活動をおこなうことで人間の生命を維持しているが、細胞の老化にともないテロメアも徐々に機能しなくなる。結果、最終的には「細胞死」に至るわけだが、これは「正常な成長と加齢の一環である」と、Ribero氏らの論文は説明している。

 今回の解析で、ニキビ経験をもつ双生児たちは「白血球のテロメアが長い」という傾向が読み取れた。同論文は「皮膚生検に基づき、このことに関連する遺伝子発現について解明を始めることができた」とコメント。

 その成果を踏まえて「特定の遺伝子経路が有用な治療法につながるか否か」、それを検討するには「さらなる研究を積む必要がある」としている。

 白血球中のテロメアについては、その長さが「生物的老化の予測因子」となり、体内のほかの細胞のテロメアの長さとも関連している――。それは従来の研究でも示唆されているという。

 また、今回のRiboro氏らの研究が「テロメアの長さ」と「皮膚の老化」の因果関係を証明したというわけではない。

 だが、若かりし頃、鏡の前で悩まされてきた方々からすれば、なんだか妙に得した気分。多感期の重荷からいまさらながら解放され、まるでお肌に「第二の青春」が訪れたような朗報である。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)