ファストフードの「ドリンクセット」メニューが肥満・糖尿病を招く! WHOは「ソーダ税」を号令

ファストフードの「ドリンクセット」メニューが肥満・糖尿病を招く! WHOは「ソーダ税」を号令

ファストフード点では「加糖飲料」も注文しがちだが……(shutterstock.com)

 酒や煙草は言うに及ばず、通称「ソーダ税」「ポテチ税」「脂肪税」など、健康リスクを伴なう特定の飲食物に対して「課税」をおこなう世界的趨勢がますます加速している。

 今回はそんな傾向を象徴かつ後押しすべく、『American Journal of Public Health』(11月号)に掲載された「ドリンクセット」に対する警鐘論文の話題を紹介しよう。

ファストフードと一緒に「加糖飲料」を注文すると......

 子どもや食べ盛りにある10代の若者たちがファストフード店に入った場合、「飲み物付きのセット」を選ぶと「加糖飲料」を頼む可能性が高くなる――。

 米ニューヨーク大学ランゴン医療センターのBrian Elbel氏(公衆衛生・健康政策准教授)らの研究成果である。

 Elbel氏らは、2都市(ニューヨーク市、ニュージャージ州)にある「マクドナルド」バーガーキング」「サブウェイ」「KFC(ケンタッキーフライドチキン)」「ウェンディーズ」の各店舗で、男児・女児(計483人)の選択メニューを内訳調査した。

 その結果、ソーダ類や砂糖入りの紅茶、あるいはジュース類やフレーバーミルク付きのセットを注文した場合、全体平均で179kcalを多く摂取している実態が判明した。それは飲料を(セットではなく)個別に選んで購入した場合よりも80kcal多い計算に相当した。

「セット任せの親」と「飲料を選ぶ親」の違い

 子どもの場合、オーダーの最終判断は親任せなのだろう......。躊躇なくセットを買い与える親は、個別注文の親に比べて、糖分ゼロやドリンクなしではなく加糖飲料を選ぶ確率が24%も高かった。

 Elbel氏らはこの相違結果に基づき、もしセットメニューで加藤飲料を選ばなければ、子どもの「カロリー摂取低減」に役立つ可能性があることを示唆していると結論付けている。

 「今回のわれわれの研究は、ドリンクセットに加糖飲料系を組み合わせなければ、高カロリーの飲料摂取が抑えられ、この種の飲料習慣がもたらす小児の肥満率を軽減する結果につながる可能性の強さを示唆している」

 そう話すElbel氏は、「この研究が、直接、セット販売のファストフードと肥満の因果関係を証明しているわけではないものの、政策立案陣にとっては公衆衛生政策の策定に大いに利用できる成果だと確信している」と指摘する。
世界保健機構(WHO)が通称「ソーダ税」を呼びかけ

 折しも10月11日、世界保健機構(WHO)は、「糖分を多く含む飲料に課税する」よう加盟国・地域に呼びかけた。通称「ソーダ税」とも呼ばれ、商品価格の引き上げによって消費量の抑制を目論み、肥満や糖尿病および虫歯患者を減らそうというのがWHOの狙いだ。

 つまり、病気を減らし、命を救い、医療費も抑えられて、そのぶんの税収を医療や教育財源に回せるという一石数鳥のいいことずくめ。

 こうした健康リスクをともなう飲食物への課税化が勢いづいている背景には、政策効果を測定できる「計量経済学(Econometrics)」の進化が見逃せないという。

「ペプシコ」が2025年を目標に、100キロカロリー以下に抑える決断

 WHOの研究報告書によれば、糖分の摂り過ぎは(水分補給などの精神的依存性も高い)飲料類に依拠する面が強く、缶製品の場合は1缶平均でティースプーン10杯分もの砂糖が含まれているとか。

 なかでも糖分の高い飲料を1日1缶以上愛飲する人の場合、(日本人の大半を占める)2型糖尿病になる確率がほとんど飲まない人と比べると26%も高いそうだ。

 WHOの前掲報告書には、課税によって価格を2割引き上げた場合、対象飲料の消費量自体が2割以上減るという米国の研究成果も引用されている。

 また、ノースカロライナ大学の教授陣の分析では、2014年に課税された飲料類の購買量が平均6%減なのに対し、課税対象外の飲料が4%増、とりわけミネラルウォーターの伸びが顕著だったという「ソーダ税効果」も報告されている。

 こうした健康志向+課税促進からの「炭酸飲料離れ」に根負けしたのか、米国の大手飲料メーカー「ペプシコ」は17日、世界各地で販売する自社製品の砂糖含有量を大幅減とする方針を発表した。

 2025年を目標に3分の2以上の製品について、砂糖のカロリーを12オンス(約355ml)あたり100キロカロリー以下に抑える苦渋(苦汁)の決断を同社は下した。

<加糖天国>ニッポンはWHOに背を向ける?

 一方、わが国の場合、いわゆる肥満税(fat tax)に対する意識はまだまだ低く、霞が関のお役人方も海外の趨勢を「静観中」「勉強中」という塩梅。キャラクターグッズ依存の「お子さまセット」が健康リスク面から問題視される流れは今のところ、気配さえ感じられない。

 しかも斯界の外資系各社は「日本はアジア最大のハンバーガー市場」と位置付けて、高級ハンバーガーが続々上陸中。とりわけ最近の銀座界隈では国内組も参戦しての「2016年高級バーガー旋風」が吹き荒れているという。

 もちろん話題の尖端店に並ぶのは個人の自由が、くれぐれも「セット注文」の際にはドリンクの選択肢に気を配ろう。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)