松方弘樹さんを苦しめた希少がん「脳リンパ腫」の発症率は「10万人当たり6例未満」

記事まとめ

  • 俳優の松方弘樹さんが、脳リンパ腫(中枢神経系リンパ腫)のため東京都内で急逝した
  • 松方さんを死に追いやった脳リンパ腫は発症率10万人当たり6例未満の希少がんだった
  • 高齢者に発症しやすく、主な症状は体の麻痺や嘔吐をはじめ認知能力の低下などがある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております