通称「痴漢冤罪保険」の加入者が増加! 逃げるは「策」だが「死」を招く!?

「痴漢冤罪保険」の加入者急増 電車内の痴漢嫌疑事件相次ぎ、向井慧も冤罪疑惑を体験

記事まとめ

  • 線路内を逃走したり、ビルから転落死するといった「電車内痴漢嫌疑事件」が相次いだ
  • パンサー向井慧も痴漢冤罪疑惑を体験、TBS"白熱ライブ ビビット"で恐怖体験を語った
  • 最近では、ジャパン少額短期保険"痴漢冤罪ヘルプコール"への加入も増えているという

通称「痴漢冤罪保険」の加入者が増加! 逃げるは「策」だが「死」を招く!?

通称「痴漢冤罪保険」の加入者が増加! 逃げるは「策」だが「死」を招く!?

痴漢冤罪事件は保険特典に頼るしか策はないのか……(depositphotos.com)

 タクシーに乗車すると時折、「お客様の大きな荷物の忘れ物です」とか「忘れ物は無線室で保管しています」などの無線アナウンスが流れることがある。

 あれは、大きな事件の発生や犯人の逃走を伝える業界の「隠語」だ。その後に人物の特徴をアナウンスするのは、そのためである。

 転じて鉄道を利用している際、「人身事故の影響」や「信号機(や車輛)の故障」ではなく、「お客様が線路内に侵入したため」云々という遅延説明のアナウンスを耳にする機会が、いつの頃から増えてきた。

 あれも当初は「なんで線路内に入る必要があるのだ!?」とか「しかも最近、やたらと多くないか......」と疑問を感じたものだが、それこそ「最近」は、その謎が一気に解けたようなご時世である。

 5月11日の午前7時45分ごろ、女子高生から痴漢を疑われた男性(推定20代後半〜30代)がJR新橋駅の京浜東北線ホームから線路に飛び降りて、JR浜松町方面に逃走する事件が起きた。

 次いで日付が変わった12日の0時45分ごろ、やはり京浜東北線車内で30代女性とトラブルになった40代男性会社員が上野駅で降車後、駅員に引き渡されたが約30分後にスキを見て突然逃走を......。

 通報を受けた警察官が周囲を捜索した結果、近くの雑居ビルから転落した思しき状況で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 24時間を空けずに連続して起きた2つの「電車内痴漢嫌疑事件」は、いずれも真相は判然とせず、前者が「線路内を逃走」、後者が「ビルから転落死」と、各顛末が違うものの、今年の3月以降続出している鉄道絡みの痴漢案件を象徴している出来事だった。

痴漢冤罪の対処法は「逃走」よりも「保険」へ

 事実、これらの報道を触れて、どういう「お客様」が、いかなる事情から「線路内に侵入した」のかを納得した方も少なくないだろう。仮に濡れ衣だとしても、警察が介入した途端、冤罪事件へと発展する可能性は濃厚で、精神的・社会的に被疑者が失う代償はあまりにも大きい。

 そこでいつの頃からか囁かれ出したのが「逃走得策論」とでも呼ぶべき都市伝説であり、ある時期のワイドショー内では弁護士コメンテーターが、それを半ば推奨していた例もあった。

 昨秋、『逃げるは恥だが役に立つ』(新垣結衣・星野源コンビで大ブレイク!)というTBS系ドラマがヒットしたが、たしかに上記案件の前者例を「逃げ得」と表わしたくなるほど痴漢冤罪事件で被疑者側が勝訴するのは難しい。

 最近の「痴漢冤罪保険」加入急増と現象も、そんなご時世を見事に映し出しているニッチな開発商品の話題だろう。

 この通称「痴漢冤罪保険」とは、万が一、痴漢の疑いがかけられた際にスマートフォンなどで通報すれば、全国各地に点在する提携弁護士陣に一斉の緊急メールが届き、最寄りの弁護士が駆けつけたり電話相談に応じてくれるというもの。

 ジャパン少額短期保険(本社・東京都千代田区)が2015年9月から始めた特典で「痴漢冤罪ヘルプコール」が正式名称だ。

 本来は交通事故時などの弁護士への相談費用を補償する保険(年6400円)のいわば「オマケ」だが、最近はむしろ、こちらの特典目当てでの加入者が増えているというのだ。
契約は8割は男性、痴漢被害対策で女性も2割

 具体的な保険特典の内容は、事件発生後48時間以内の弁護士費用(相談料、接見費用、交通費などを含む)が全額補償される。

 補償は冤罪の場合に限られ、被疑者段階の弁護活動にかかる着手金は対象外だが、契約者の8割は男性、痴漢被害に遭遇した際にも利用可能なため女性契約者も2割いる。

 ちなみにこのニッチ保険、同社の社長発案から生まれたようだが、その開発ヒントは周防正行監督の映画『それでもボクはやってない』(2007年作品)だったという。

 あの話題の映画が公開されてからおよそ10年、その間「逃げるが得策」的なリスク回避神話を経て、ようやく「逃げずに弁護士へ」の時代へスライドすることの象徴だろうか。

 実際は、この掛け捨て保険、話題の特典を使わずに済むのが何よりだが、加入者の心理としては「お守り代わり」的要素が強いのかもしれない。

実際に痴漢冤罪疑惑を体験したパンサーの向井慧さんは......

 冒頭の連続事件が報じられた際、TBS系『白熱ライブ ビビット』にVTR出演して自らの痴漢冤罪疑惑を明かし、そのパニックぶりや恐怖体験を語ったのが、お笑いトリオ・パンサーの向井慧さん。

 嫌疑自体は、同乗客による目撃証言を得て冤罪を逃れたが、日頃、TVで見慣れた芸人が移動で乗り合わせた地下鉄内でも「お前、触ってんだよ!」と身に覚えのない叫び声をあげられるほどの確率で、このてのトラベルが日常茶飯事の世情なのだろう。

 問題山積みの小池百合子都知事が、選挙公約に掲げた「満員電車ゼロ」実現のための2つの方策も、7月11〜25日に調整実施される「時差通勤」の試みはまだしも、もう一方の「2階建て通勤電車の導入」に関してはトンと聞かれなくなった。

 首都圏ならではの痴漢冤罪事件、当面は「お守り代わり」の保険特典に頼るしか男性通勤客の不安解消材料はないのかも......。
(文=編集部) 

関連記事(外部サイト)