「膵がん」の早期発見につながる新たな血液検査が登場! 生存率アップに光明が......

「膵がん」の早期発見につながる新たな血液検査が登場! 生存率アップに光明が......

「膵がん」の早期発見につながる血液検査「マルチプレックスプラズモンアッセイ」を開発(depositphotos.com)

 米マサチューセッツ総合病院(ボストン)のCesar Castro氏らの研究グループは、膵がんの早期診断につながる新たな血液検査を開発し、『Science Translational Medicine』に発表した(「HealthDay News」 2017年5月24日)。

 発表によると、研究グループは「マルチプレックスプラズモンアッセイ」と呼ぶ分析法を採用し、膵がんの80%を占める「膵管腺がん(PDAC)患者」の細胞から血液中に放出される「細胞外小胞(EV)」という構造体を分析したところ、5つの特異的なタンパク質の特徴を持つEVが、PDACの優れたマーカーになる事実を発見した。

 また、PDACまたは非がん性の疾患(膵炎など)で手術を受けた患者43人の血液検体を用いて、このマーカーの精度を検証した結果、感度(陽性になる確率)は86%、特異度(陰性になる確率)は81%だった。

CA19-9よりも精度が高く、費用は1回60ドルとメリットが大きい

 米国立がん研究所(NCI)の推計によれば、年間約5万3700人が膵がんの診断を受けている。だが、膵がんは、進行が速く、発見しにくく、転移が早いため、黄疸などの症状が現われる頃は進行している場合が多いので、致死率が高い。

 5年生存率は部位別がんの最下位のわずか8%。罹患者の2割がリンパ節切除するが、切除しても約7割が再発するので、予後が極めて悪いのが特徴だ。

 現在、膵がんの腫瘍マーカーとして「CA19-9」による検査が普及している。だが、CA19-9は、がんが進行するまで値が上昇せず、膵臓の炎症や胆管の閉塞によって上昇する場合も少なくないため、治療中の経過確認には有用だが、診断法としては精度が低く、最適ではない。

 一方、今回発見されたマーカーは、CA19-9よりも精度が高く、検査の一部は自動化されているので、約10分で完了し、費用は1回60ドルとメリットが大きい。

 ただし、Castro氏は、この研究は小規模であるため、今後はスクリーニング法としての実用性を明らかにするため、家族歴のあるリスクの高い患者を対象に検証を重ね、最終的にはあらゆる患者に活用できるスクリーニング法を開発したいと意欲的だ。

 また、米メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター(ニューヨーク市)のPeter Kingham氏によると、膵がんの診断は、乳がんのマンモグラフィや大腸がんの内視鏡検査のようなスクリーニング法の開発が急がれるものの、今回の検査法の精度を客観的に評価するためには、さらに大規模な研究の蓄積が必要と指摘している。
進行が速く、発見しにくいうえに、転移が早く、予後が悪く、しかも致死率が高い膵臓がん

 膵臓は胃の後ろにあり、十二指腸に囲まれた長さ約20cmの細長い臓器。食物の消化を助ける膵液の産生(外分泌)と、インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンの産生(内分泌)の重要な働きがある。

 膵臓は肝臓と同じく「沈黙の臓器」と言われるように、早期の膵臓がんは、胃や背中が重苦しい、おなかの調子が悪い、食欲がない、体重が減少したなどの漠然とした症状が多く、特徴的な症状はない。ただ、膵頭部にがんを発症して胆管が詰まり、黄疸が出ると、体が痒い、尿の色が濃くなるなどの顕著な自覚症状を伴う。

 厚生労働省によれば、膵臓がんの罹患率は60歳頃から増加し、加齢とともに高まる。年間死亡者は、およそ30000人。がん死亡順位は男性5位、女性6位。死亡率は男性が高く、女性の約1.6倍で増加傾向にある。

 発症の主なリスク因子は、喫煙(非喫煙者の2〜3倍)、肥満・運動不足(2倍)、長期に渡る糖尿病(2倍)、非遺伝性の慢性膵炎(2〜6倍)、O型以外の血液型(1〜2倍)、遺伝性膵炎(約50%が発症)、家族性異型多発母斑黒色腫症候群 (10〜20%が発症) などがある(国立がん研究センター:http://ganjoho.jp/public/cancer/pancreas/)。

膵臓がんは予防できないのだろうか?

 膵臓がんは予防できないのだろうか? 

 先述のように、膵臓がんは、進行が速く、発見しにくいうえに、転移が早く、予後が悪く、しかも致死率が高い難病中の難病だ。人間ドックや、たまたま受けたCT検査や超音波検査などの画像検査で発見されるので、確定診断も標準治療も難しい。

 となれば、定期的に膵臓がんの検査を受ける他ない。何よりも規則正しい生活、快眠、適度の運動とともに生活習慣の改善を怠らないことだ。

 特に、喫煙と糖尿病はリスクが高いので、禁煙、節酒は言わずもがな、動物性脂肪や動物性タンパク質の多い肉類を避け、四季折々の緑黄色野菜や果物、マイクロバイオータ(腸内環境)を整える乳酸菌、大豆などをバランスよく食べることに尽きる。いずれも、すべてのがんの予防に通じるだろう。

*参考文献:日本膵臓学会「科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2009年版」、WHO Disease and injury country estimates". World Health Organization (2009年)ほか
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)