米国では農村部でがん死亡率が高い〜日本は「青森県」が連続して第1位

米国では農村部でがん死亡率が高い〜日本は「青森県」が連続して第1位

どうして農村部でがん死亡率が高い?(depositphotos.com)

 米国では全体的ながんによる死亡率は減少傾向にあるが、農村地域ではわずかな減少にとどまっており、都市部との差が拡大していることを示した研究結果が米疾病対策センター(CDC)発行の「Morbidity and Mortality Weekly Report(MMWP)Surveillance Summaries」7月7日号に掲載された。

 研究を実施したCDC国立慢性疾患予防・健康促進センター(NCCDPHP)のグループは、「地理的条件が単独でがんリスクの予測因子となるわけではないが、予防や診断、治療の機会には影響する可能性がある。このことは、米国における重大な公衆衛生上の問題だといえる」と述べている。

日本の死亡率では1位青森県、2位秋田県、3位岩手県と東北の農村地帯

 今回、同グループがCDCのがん登録データなどを分析した結果、得られた主な知見は以下の通り。

・がんによる死亡率は都市部に比べて農村地域で高かった。人口10万人当たりのがんによる死亡数は都市部の158例に対して農村地域では180例に上った。

・がんによる死亡率は都市部では年間1.6%の低下が認められたが、農村地域では同1.0%の低下にとどまった。

・全体的ながん罹患率は都市部に比べて農村地域ではやや低く、都市部の10万人当たり457人に対して農村地域では同442人だった。しかし、肺がんなどの喫煙に関連するがんや、スクリーニングによる予防効果が期待できる大腸がんや子宮頸がんなどの罹患率は、都市部に比べて農村地域で高かった。

 日本でのがん死亡率(全がん死亡数・粗死亡率・年齢調整死亡率(1995年〜2015年)国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」)のトップは青森県、2位が秋田県、3位が岩手県と東北の農村地帯となっている。

 さまざまな要素がかかわっているだろが、不思議と今回の調査の結果との相似性が見える。

 主ながんでの地理的な傾向も以下のように見られる。

●胃がん・・・東北地方の日本海側で死亡率が高い。
●肝臓がん・・・西日本で死亡率が高い。
●肺がん・・・男性は近畿地方で死亡率が高い。
●乳がん・・・大都市圏および東日本で死亡率が高い。
●白血病・・・九州・沖縄地方で死亡率が高い。

日本のがんも減少傾向にあるのか?

 さて、米国での今回の調査に関し、米オハイオ州立大学総合がんセンターのElectra Paskett氏は「この結果は意外ではない」とコメント。

 「われわれは長年にわたって農村地域で調査などを実施してきたが、農村地域が広がるアパラチア地方ではかなりの期間、がんが死亡原因の首位を占めていた。農村地域にはがん死亡率を高めるさまざまな要因がある」と説明している。

 一方、今回の研究を実施したグループの一員でCDCがん予防・対策部門のLisa Richardson氏は「私ががん患者を治療するときは、私1人で治療しているわけではない。治療中も、治療が終了した後も、他の医療従事者や患者の家族が患者を支援している。

 これは、地域レベルでの予防を目的とした介入にも必要なことだ。関係者の連携が、がんの罹患率を低減し、それに関連する不均衡を解消するための鍵となる」と指摘している。

 なお、CDCはがん死亡率の地域間における格差の縮小を目指す上で、農村地域の医療従事者も一定の役割を果たしうると強調。「がんリスクを低減させる習慣、例えば喫煙や副流煙に曝露する機会を減らすこと、日光や日焼けマシンから紫外線を浴びる量を制限すること、運動や健康的な食事を心がけることなどを推進することで地域差を解消できる可能性がある」としている。

 また、大腸がんや子宮頸がんの検診、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンやB型肝炎ワクチンなどのがんを予防するワクチンの接種率を向上させることも課題として挙げている。

 米国ではがんの死亡を減少させるため、食生活への介入や徹底したがん登録の実施など国を挙げて施策を展開した結果1990年代以降に減少に転じている。

 翻って、日本ではがんの死亡率が増加してるといわれる。しかし、そのもっとも大きな原因が急速な高齢化だ。高齢でのがん発生率が非常に高いことを考えると当然の結果だ。

 しかし、1990年代後半以降、全がんの75歳未満年齢調整死亡率は全国的に減少傾向にある。2015年の75歳未満年齢調整死亡率は、2005年からの10年間で15.6%減少した。(国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」)

 高齢化とがんの死亡率はある程度必然の結果であるが、仮にがん死亡率の地域差があるとしたら、その要因を探ることでさらに死亡率を下げることは可能のように思える。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)