生誕100年! ジョン・F・ケネディ元大統領は「暗殺の日」も背中の痛みに苦しんだ?

生誕100年! ジョン・F・ケネディ元大統領は「暗殺の日」も背中の痛みに苦しんだ?

ケネディのなぞ解明はまだまだ続く?(depositphotos.com)

 1961年1月、ジョン・F・ケネディは、史上最年少の43歳で第35代米国大統領に就任。2年10カ月後の1963年11月22日午後1時30分頃(日本時間23日午前3時30分頃)、テキサス州ダラス市エルム通りで凶弾に倒れた(46歳)。

 女優マリリン・モンローなど、数々の女性スキャンダルにもまみれたケネディは、生涯にわたり慢性の背部痛に蝕まれ、長い闘病生活を続けていたとする悲痛な報告書が『Journal of Neurosurgery: Spine』7月11日オンライン版に掲載された。

スポーツと戦争で負傷後に夥しい治療歴

 当時のカルテ記録などを精査して報告書にまとめた米ホットスプリングス神経外科クリニックのJustinDowdy氏らは、「ケネディは、多くの著名な外科医や内科医の治療を受けた。当時のX線の画像技術は、さほど進歩していなかったものの、選択し得る最良の治療が施されただろう」と強調する。

 報告書によると、ケネディの背部痛は、ハーバード大学時代の1937年(20歳)頃に受けたフットボールによる負傷が原因とされる。

 その後、第二次世界大戦中に配属された魚雷艇が日本の駆逐艦と衝突。ケネディは、重傷者のライフジャケットの紐をくわえたまま近くの島まで5時間も泳いだ。この救出劇の1年後、症状が悪化したため、初回の脊椎手術を受けたが、完治しなかった。

 背部痛は暗殺された日もケネディを苦しませたのだろうか?

 ケネディは、背中を支えるコルセットを装着していた。第1弾の直後、身体がコルセットで強く固定されていたため、上体が起きた状態のまま、2弾目を頭部に被弾したと推定する専門家もいる。

 ケネディの治療歴は夥しい。椎間板切除と脊椎固定で2回、手術の合併症の治療で2回、計4回の重篤な手術を皮切りに、局所麻酔のトリガーポイント(押すと強く痛む圧痛点)注射、メタンフェタミン(覚せい剤)注射のほか、運動療法、マッサージ療法、温熱療法などの非外科的な代替治療にも手を染めた。

 Dowdy氏らは「ケネディが抱えていた背部の慢性疼痛は複数の要因が絡まっている可能性が高いので、どの治療も良い結果をもたらさなかった。だが、最新のMRIやCTなどの画像技術を駆使してさえも、背部の慢性疼痛が脊椎外科医を迷わせる難病である現実は何ら変わらない」と背部痛の確定診断・治療の困難さを説明する。

激しい疼痛と痺れを起こす、「筋・筋膜性疼痛症候群」に苦しんだかも?

 ケネディ暗殺の真相は、54年後の今も闇に閉ざされている。

 だが、ケネディが闘っていた持病のエポックは事欠かない。ケネディは、筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)の痛みに悩まされたとする記事がある(The Huffington Post 2013年11月22日)。

 記事によれば、「筋・筋膜性疼痛症候群(myofascial pain syndrome; MPS)」は、筋肉の異常な痙攣(スパズム)が引き起こす疼痛と痺れを伴う堪え難い筋痛症だ。

 歩けない、座っていられない、眠れない。激烈な筋肉の痙攣のため、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と誤診されやすい。

?筋肉の損傷は、数日〜数週間で修復するが、強い冷えや刺激、心身のストレスなどによって血流が滞れば、筋肉が収縮し、疼痛と痺れが慢性化するため、収縮した筋肉にコリコリした索状硬結(しこり)が生じる。

 先述のように、ケネディも疼痛と痺れが慢性化していたので、トリガーポイント(押すと強く痛む圧痛点)注射を受けていたのかもしれない。

?背部痛、MPS、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、アジソン病・・・。ケネディが阿鼻叫喚のような激痛に苛まれつつ、息も絶え絶えに生き存えていたなら、胸が痛む。

 ちなみに、MPSについては、MPS研究会のサイト(http://www.jmps.jp/medical/diagnosis)も参考になるかもしれない。本サイトの『虚弱体質のJ・F・ケネディはステロイドの副作用「アジソン病」に苦しんだ』も併せて読んでほしい。

 さて、ケネディ生誕100年。一触即発のキューバ危機を回避した。アフリカ系への差別撤廃を推し進め、公民権法を成立させた。アポロ計画は人類の夢を育んだ。ニューフロンティア政策は世界を勇気づけた。ベトナム戦争の介入や、ピッグス湾事件の失策もあった。

 しかし、ケネディの笑顔を知る世代の記憶から、暗殺で失った喪失感が消える日は、ついぞ訪れそうにない。

佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。

シリーズ「傑物たちの生と死の真実」バックナンバー

関連記事(外部サイト)