延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ〜「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?

延命治療を拒否した日野原重明さんに学ぶ〜「あなたらしい最期」を選ぶ方法は?

7月18日に105歳で亡くなられた日野原重明医師(写真は公式Facebookより)

 先ごろ亡くなった日野原重明さんは、享年105歳。おそらく現役最高齢医師だった――。58歳の時によど号ハイジャック事件に巻き込まれ死を覚悟したものの、生還できた喜びから「これからの人生は人のために尽くす」と誓ったそうだ。

 「生活習慣病」の命名(それまでは「成人病」)、「人間ドック」の開設、「新老人の会」設立、子どもたちへの「命の授業」のほか、1995年に起きた「地下鉄サリン事件」の際には、聖路加国際病院長として陣頭指揮をとり640人もの中毒患者を収容するなど、世界中から注目された。

 日本の医療に多くの功績を残した日野原医師は、今年3月に消化器機能の低下により入院。口から食べることが難しくなったため、担当医師から経管栄養(中心静脈栄養や胃ろう)を勧められたが、「それはやらない」と拒否し自宅療養に切り替えた。

 そして7月18日、家族に見守られて静かに息を引き取ったという。

自然な死に方を阻む「延命至上主義」や「診療報酬」

 日野原医師のような「自然な人生の閉じ方」を見習いたいと感じた人は多かったはずだ。しかし本人が望んでも、なかなかこのような死に方ができるとは限らないのが現実である。

 理由の一つに挙げられるのが、医師らの「延命至上主義」だ。人の命を救うことが医療の使命ではあるが、それがいつしか「何が何でも死なせない」ことが最優先となって体に染み込むようになり、寿命が尽きようとしている高齢者にも同様のことをしてしまう。

 自力で食べられなくなった高齢者に対し、深く考えることをせずに胃ろうなどの経管栄養を施したりすることだ。このことで、高齢者は長い寝たきり生活を送ることになりかねない。

 また、医療制度の問題もある。中心静脈栄養や人工呼吸器をつけると「診療報酬」が高くなるから、病院経営の面から延命措置を行うことが少なからずあるそうだ。

 さらに「息をしているだけでいい」などという「家族のエゴ」から延命治療が始まってしまうケースもある。

多くの人が望む終末期医療は?

 日常生活を健康的に送ることができる「健康寿命」と、実際の平均寿命の差は、平成26年版厚生労働白書によると男性9.13歳、女性12.68歳(平成22年)。つまりその期間は何らかの病気を患っていたり、介護の手が必要となったりすると考えていいだろう。

 日野原医師のように、それまでの活動を休止せざるを得なくなってから亡くなるまでが数カ月というのは極めてレアケースなのだ。

 多くの人が望む医療は、「延命治療で徒らに命を永らえさせる」ことではなく、「生きている間のQOLを高める」こと。医療は、高齢者が「健康寿命」を全うし自然に亡くなっていく方向にシフトすべきではないだろうか。

終末期医療のガイドラインの存在を知らない医師も

 厚生労働省は、すでに平成19年に「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」を出している。

 その中の「終末期医療及びケアの方針の決定手続き」では、患者と医療従事者が十分な話し合いを行い、患者が意思決定を行なった上で文書にまとめておく、とある。

 患者が意思決定できない場合でも、家族が患者の意思を推定してそれを尊重しながら最善の治療方針をとること、と記載されている。

 あくまで本人の意思ありきなのだが、平成26年の「終末期医療に関する意識調査等検討会報告書」によると、ガイドラインを参考にするどころか、「ガイドラインを知らない」という医師が33.8%、看護師41.4%もいた。さらには、知っていても「参考にしていない」と答えた医療者がおよそ2割いるという。

 これでは、延命治療をしたくないという患者や家族の意向よりも、医師の考える医療方針を優先させることがあっても不思議ではない。

死への備えは早すぎるということはない

 「延命治療」自体が悪いのではなく、「自分の意思で医療方針を決定できない」ことが問題なのだ。もちろん、本人が延命治療を希望することだってあるだろう。インフォームド・コンセントが終末期医療にだけは無効という話は納得できないのではないだろうか。

 せめてもの防衛策は、まずは「終末期にはどんな医療が行われているのか知識を得ておく」こと。その上で、家族で話し合って意思確認をしておきたい。死を前提にした終末期医療の話など「縁起でもない」「聞きたくない」などと拒否すると、家族は後悔することになる。

 さらに、自分で判断できなくなる場合を想定して、あらかじめどのような治療を受けたいか、受けたくないかを書面(事前指示書=リビングウィル)に詳細に認めておこう。

 現段階で事前指示書に従って治療をしなくてはならないという法律はないが、本人の意思が明確に示された書面を見たら、医師は全く無視することもできないのではないだろうか。

 高齢者だけの問題ではなく、高齢者のいる家族全体の問題でもある。また、若い世代もいつかは自分に降りかかってくることと心得たい。人の命はじつは儚く、死が訪れる時期も人それぞれなのだから。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)