「がん免疫療法」の情報が氾濫〜正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ

「がん免疫療法」の情報が氾濫〜正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ

免疫療法がついにがん治療の<4番目の柱>に!?(depositphotos.com)

 これまでのがん治療は、「手術」「放射線療法」「化学療法」を3本柱としてきた。それに加えて研究が進み、近年<第4の治療>として注目されているのが「がん免疫療法」だ。

 「がんは、まず『手術』、それが難しい場合は『放射線治療』や抗がん剤などの『化学療法』を行うのが標準的な治療です。これを根本から変えて、最初の治療に用いられる可能性を秘めているのが『がん免疫療法』です」

 こう説明するのは、昭和大学臨床薬理研究所(臨床免疫腫瘍学講座)の角田卓也教授だ。 

 角田教授は30年以上にわたり、がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパート。今年、『進行がんは「免疫」で治す 世界が認めた がん治療』(幻冬舎)』を上梓した。

 同書では、免疫本来の力を回復させてがんを治療する「免疫療法」の種類と効果、実績を一般の人にもわかりやすく解説している。

 昨今は書籍や雑誌、インターネットなどで「がん免疫療法」の情報が氾濫し、その内容も玉石混交である。がん患者やその家族が、誤った治療法を選択する危険すらあるのが実情だ。

 本書は、利害関係のない立場から客観的で正確な情報を伝える――をテーマに掲げ、専門家や医師でなくても理解できるようにまとめられている。画期的ながん免疫治療薬が登場し、<新たな時代>に入った今、がん患者が「正しく治療法を選ぶための知識」を得るには最適な一冊といえる。

効果が明らかな免疫療法は限られている

 免疫療法は、ヒトが元来もっている免疫の力を用いて、<がん細胞を排除する>というものだ。これまでのがん治療法とはアプローチの仕方が異なる。

 期待されてきた免疫療法だが、これまでの研究では有効性(治療効果)は認められてこなかった。

 しかし、世界中の医療現場では、免疫療法による有効性が相次いで確認され、2016年10月の「欧州臨床腫瘍学会」では、免疫療法を肺がん治療の「ファーストライン(第1選択薬)」として選択するとの発表がされた。

<アクセルを踏み込む>のか<ブレーキを外す>のか?

 では、どのような免疫療法が有効なのか? 角田教授は、まず、がんと免疫の関係では、大きく分けて2つのアプローチがあるという。

 「1つは、低下している免疫力を強化する方法。免疫細胞の働きを強化して元気になれば、がんを撃退する力も強まります。がん細胞を縮小させたり、消失させたりすることができるということです」

 「もう1つは、免疫の抑制を解除する方法です。がん細胞が免疫にブレーキをかけている状態では、免疫はがん細胞を攻撃できません。その<ブレーキを外す>ことで免疫細胞に本来の力を発揮でさせるのです」

 「この2つを車にたとえると、前者は<免疫のアクセルを踏み込む>ようなもので、後者は<ブレーキを外す>ようなものといえます」

 「現在、臨床での研究で効果が明らかにされている免疫療法は、後者の<ブレーキを外す>タイプ。がん細胞が免疫にブレーキをかける仕組みに働きかける『免疫チェックポイント阻害剤』などの一部の薬に限られます。治療効果が認められるがんの種類も、今はまだ限られています」
 
ステージ4の肺がん患者のがん細胞が2カ月で縮小

 患者数が多いにもかかわらず、打つ手がなかった肺がん。実際に免疫療法の有効性について角田教授は、次のような自身の経験を振り返る。

 「手術ができず、抗がん剤治療を繰り返しても進行していたステージ4の非小細胞肺がんの患者さんに免疫療法を実施すると、がん細胞の縮小や消失が認められたり、がん細胞の増大が止まったりするなど、これまでには考えられない結果が得られたのです」

 「実際に私も、さまざまな抗がん剤治療を受けても効果がなかったステージ4の肺がん患者さんに、免疫療法を試したところ、2カ月でがん細胞が縮小した――という症例を目の当たりにしました」

 「しかも、従来の抗がん剤と比較しても副作用は明らかに少ない。患者さんの生存期間が延長されたことも確認されています。進行した肺がんでも長生きできる、光明が見えてきました」

 肺がんでは、免疫療法が従来の抗がん剤を圧倒するほど有効だということが証明されつつあるのだ。特に、抗がん剤では望めなかった長期生存を期待できるデータがでつつあることが画期的である。

 まさに、いままで効かないとされてきた免疫療法が、がん治療の<4番目の柱>となる最新の治療として選択肢になりつつあるのだ。


角田卓也(つのだ・たくや)

昭和大学臨床薬理研究所臨床免疫腫瘍学講座教授。和歌山県立医科大学卒業後、同病院で研修。1993年、腫瘍浸潤リンパ球の研究をテーマに医学博士号を取得。92〜95年、米ロサンゼルス、シティオブホープがん研究所に留学。同講師就任。95年、和歌山県立医科大学第2外科助教就任。日本初の樹状細胞療法を実施。2000年、東京大学医科学研究所講師、05年、同准教授就任。10年、バイオベンチャー社長に就任。日本初の大規模がんワクチンの臨床試験を行う。2016年5月より現職。30年間一貫してがん免疫療法を研究する。

関連記事(外部サイト)