保育施設で1歳女児が「食塩中毒」で死亡 食塩の過剰摂取は生命に危険が及ぶことも

記事まとめ

  • 岩手県の保育施設で、女児が食塩入りの飲み物を飲まされ中毒死していたことが判明した
  • 食塩の過剰摂取は命の危険に及ぶこともあり、成人では食塩200g摂取し自殺した例もある
  • 過剰摂取後の症状は嘔吐、下痢、発熱、頭痛、口喝などで、重症な症状では意識障害も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております